気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
(28)
(23)
(21)
(18)
(18)
(18)
(17)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
クマです。オデーカン様も..
by クマ at 05:20
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013/4/28 鈴鹿 鎌ヶ岳 長石谷から馬の背尾根周回
イワザクラ、、、三重県絶滅危惧種Ⅱ類
f0052108_13275766.jpg

鈴鹿山系は鎌ガ岳に行ってきた

ネットでイワザクラが咲いているとの情報があった
何でも三重県の絶滅危惧II類に指定されているとの事

園芸種は見かけるが、自生種は見た事が無い
アカヤシオも期待出来るので両天秤だ (^_^)v

ルートは、長石谷から鎌ヶ岳へ、帰りは馬の背尾根を下る周回とした
f0052108_13293117.gif




今日は、何時もより早く家を出たので、御在所駅で7時過ぎだった

三滝川に沿って、以前車を止めた一ノ谷山荘前駐車場に向うと、、
直前で、工事中の為通行禁止 'O'*) エッ!!、、、、
止む無く少し戻って路肩に路駐、、この時点で7時半頃

準備もそこそそこに出発した、、、、が!
長石谷登山口の場所を間違えて大石公園迄下ってしまう
「こりゃ違うな」と、売店の親父に聞くと、15分程登った左だと!!
げっ!!、、、逆走ですかい ( ´△`) アァ-

気を取り直して、舗装道路を登り返し、登山口到着は8時頃だった
ふぅ~、、、、先が思いやられる ( ̄ヘ ̄)ウーン


[長石谷登山口 8:3]
登山口は、一ノ谷へ向かう時に、一瞬「駐車するか?」と考えた所で、
奥に駐車禁止の赤いコーンが立てられ、小さな広場と為っている

入口には立派な標識と登山届箱が在るが、車道から良く見えない
(意味無いやろ!!、、お陰で通り過ぎたわ (-゛-メ) ヒクヒク)

登山道は左に緩く曲がりながら三つ口谷(三滝川?)へ下る
f0052108_13295777.jpg

[三つ口谷最初の渡渉点]
三つ口谷の左岸から谷の様子を伺うと、、、、
赤丸印が付いた岩の奥に標識がチラリと見える
その方向へ石伝いに渡渉すると登山道に出る
f0052108_1427674.jpg

[長石尾根分岐 8:18]
渡渉点より谷沿いに、岩の間を縫って登って行くと分岐に出る
右に登れば長石尾根、左に下れば長石谷だ
この辺りから、踏み跡が乱れており判りにくい
f0052108_14264999.jpg

[堰堤直下]
此処から堰堤を巻き上がるようで、手前と奥に赤テープがある
奥の崩れかけた踏み跡に取付き一登りする
その先、踏み跡は右へ斜面を巻き気味に伸びている
f0052108_14265928.jpg

[長石谷降下点 8:32]
踏み跡を追って行くと、何だか谷から離れて行く気配
どうも、長石尾根への、奥の登山道に乗ったようだ ( ̄ヘ ̄)ウーン

兎に角谷へとルートを変えて雑木林の中を踏破、別の踏み跡に出た
此れを進んで行くと、下の後方に堰堤上部が見え、、、

明るく為った谷を一人の登山者が歩いていた ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

どうも迷走が続く、、、、加齢によるアルツか?
f0052108_1442312.jpg

[第三堰堤 8:35]
左岸から谷に降り立ち、堰堤際を見に行くと、、、
ルートは左岸から降りて来ている感じ、、、何処で間違えた?

堰堤越に見える桜、、、、まだ散らずに残っている (^_^)v
f0052108_14423484.jpg

[渡渉後巻道]
明るい谷を進み、谷幅が狭くなっている所で左岸に渡る
f0052108_14424749.jpg

少しの間谷を高巻き、再度谷に降りる
途中には、こんな細道もある、、、雨の時はいゃだね
f0052108_12111750.jpg

[長石谷(岩団扇群生)]
再度谷に降り立ち、歩けそうな所を探しながら登って行く
この辺りから、岩団扇が現れ、、、
進む程に群生が彼方此方に見られるようになる
f0052108_14431079.jpg

岩団扇の群生を追って数分進むと、、、、
左岸で、何人かの登山者が休憩しているのが見えた

傍まで近づいて行くと、、、、、(°〇°;) おおっ?

イワザクラが岸壁にしがみ付くように咲いていた
今日の目標その一GET!! d=(^o^)=b イエイ

この後も数か所で見かけたが、株数は少ない
絶滅危惧種Ⅱ類になるのもむべなるかな、、、残って欲しいものだ
f0052108_1443164.jpg

[型の良い滑滝]
一頻りイワザクラを堪能して先に進むと型の良い滑滝が現れる
此処は左岸沿いに登って行く
f0052108_14433119.jpg

[犬星の大滝 9:43]
滑滝を越えて、更に登る事15分程で犬星の大滝分岐にでる
右側の谷奥に滝が見えているが、、、、大滝か?
水量が少ないのか大滝の名に恥じているような (- .-)ヾ ポリポリ

此処から長石尾根や馬の背尾根へのルートも有るらしいが?
f0052108_14433728.jpg

[岩ゴロの谷]
犬星の大滝分岐から上部は大きな岩のガレ場が続く

右往左往しながら登っている先行登山者
f0052108_1443526.jpg

暫く我慢の子でガレガレのルートを登る

ルートの両脇に笹が現れ出すと、、
見上げれば、鎌ヶ岳の南壁がグィっと乗出している
f0052108_14441159.jpg

ルート沿いの笹藪の中に立山竜胆が数輪佇んでいた
もう、岳峠は近いぞ!! (^^)v
f0052108_14442074.jpg

[岳峠 10:53-57]
ルートを覆う笹藪を一掻きすると、、、目の前に標識がスクッ!!
登山口から約3時間、、、岳峠に到着だ (^-^)V イエー
f0052108_1452482.jpg

鎌ヶ岳の鋭い岩峰と、ヒェー!!(>_<) なガレガレ登山道
地震の時には居たくない所だ ( ̄ヘ ̄)ウーン
f0052108_14524859.jpg

岳峠の左には、鋸状の鎌尾根が伸びている (@_@;)
f0052108_1452437.jpg

岳峠と逆の西側を詰めて来た人達、、、、ルート在るんかなぁ?
f0052108_145378.jpg

山頂直下から見上げると、、、人人人が休憩中
f0052108_14535939.jpg

[鎌ヶ岳 11:06-26]
辛うじて人影を外して、、、山頂だ!!d=(^o^)=b イエイ
f0052108_14541694.jpg

下る予定の馬の背尾根、、、樹木が無い所が「白ハゲ」か?
f0052108_14543196.jpg

[岳峠 11:31]
人で溢れる山頂はサッサと退去、再度岳峠に降りる

此処には二つの分岐があり、、、
鎌側が長石谷分岐、その先にはカズラ谷分岐だ

今回は此れを見送って県境尾根出合いへ、、、
f0052108_150884.jpg

[県境尾根出合 11:37]
尾根出合は、岩に挟まれた人の高さ程度のキレットだ
目の高さに、右の岩には登山靴、左の岩には休憩者の頭が (*・0・*) ワオ

右横の木立には「道間違い注意」の標識が立っていた

道間違い、、って…間違ったら谷底へ転げ落ちそうなんですけど?
f0052108_1714149.jpg

[岳峠分岐? 11:49]
左の岩を一登りして県境尾根の岩稜を少し進む
直ぐに背の高さほどの笹藪となり、此れをを抜けると分岐に出た

左に行くと岳峠か?、右に行くとカズラ谷・雲母峰方面のようだ
f0052108_1503215.jpg

[カズラ谷分岐 12:06]
ルートは概ね両側を笹に覆われた、見晴の良い痩せ尾根だ
暫く行くと、溝状と為った山道が右折、道傍に多数の標識がある地点に出た

此処がカズラ谷と雲母峰の分岐で、右折して下って行くとカズラ谷へ
直進すると雲母峰・馬の背尾根だが、道崩れなので、標識横から左に進む
f0052108_1504896.jpg

尾根道を巻くように左に抜けると、すぐ先で再度尾根に合流する
f0052108_151576.jpg

この辺りからアカヤシオの花が目に付きだした
でも、思ったより少ないか? o(´^`)o ウー
f0052108_1514588.jpg

[白ハゲ 12:23]
所々にあるアカヤシオを愛でながら痩せ尾根を進むと、、、
白い砂でおおわれた岩場の上に出た

足元の悪い所に「白ハゲ」との標識が立っている
この滑り易そうな斜面を下った所が白ハゲらしい

▼標識を下から見上げる
f0052108_1513512.jpg

花崗岩質特有の崩れやすい岩によるモニュメント
自然は芸術家、、、、と思う瞬間ですな (^◇^ ;) ほぇ~
f0052108_1515525.jpg

ルートは岩山の根元、砂に足を取られないように慎重に抜ける
f0052108_1523850.jpg

振り返ると、長石谷から岳峠、鎌ヶ岳と辿ったルートが一望 (^ー^)v
f0052108_152377.jpg

[雲母峰分岐 12:37]
白砂に覆われた痩せ尾根を通過、ちょこっと登り返すと雲母峰の分岐だ
右に折れれば雲母峰、左に折れれば馬の背尾根となる
f0052108_1817271.jpg

御在所岳を背に、アカヤシオが咲き誇る
f0052108_1531654.jpg

[P841付近 (昼食休憩) 12:47-13:30]
枯れ草が馬のタテガミの様、、、此処で遅めの昼食休憩とした
1時間近く日溜りでボケー、、、、青空に木々の新芽が、、、
(*´ω`*)マタ~リ
f0052108_1535533.jpg

[長石谷(犬星大滝)分岐? 13:45]
1時半頃にやっと腰を上げて降りを再開

ルートは、細かなアップダウンはあるが概ね痩せ尾根急勾配の降りだ
植生は疎らで、所々左手に御在所が顔をのぞかせる
調子よく降っていると、所々でルートミスを起こしやすい箇所がある

その一つが此れ、、、斜面を降ると小さな窪みに降り立つが、、、
踏み跡は前方に二筋、右に一筋あるように見える。木枝に古いガムテープか?
前方は少し盛り上がり、ルートは左と右に分岐しているようだが踏み跡は薄い
足元には古い標識らしいL型の木片が落ちているが文字は無い

左に降ると長石谷の犬星大滝辺りに降りるかも?、、、( ̄ヘ ̄)ウーン
行って見たいが、、、、今回は右折れで尾根を拾う事にする
f0052108_1535064.jpg

[P730付近]
此処も、尾根を間違えやすい、、、直進してしまった (-_-;)
此処を降った辺りから、尾根幅が広がり出し、白砂に覆われてくる
f0052108_154404.jpg

[湯の峰 14:30]
白砂に映えるつつじや藪椿を見ながら尾根を進む
左が開け、御在所ロープウエーが良く見える
f0052108_11571131.jpg

更に進むと小ピークに立つが、此処に湯の峰との標識があった
f0052108_1551698.jpg

湯の峰の標識から斜面を降ると大岩の横を通るが、、、
此処も間違えやすいポイントだった
大岩に気を取られて、直ぐ後ろにある分岐を見逃し直進してしまった
f0052108_11121976.jpg

[赤の標識 14:54]
P680辺りの痩せ尾根で発見した真赤の標識、、、何の印かな?
降れそうな所は無いんですが (?~ヘ~?)?
f0052108_1563462.jpg

[馬の背尾根分れ 15:00]
昼食休憩後歩き始めて、此処まで1時間半程掛かった事に為る
この後は、三岳寺に向って樹林帯をトラバース気味に下って行く
f0052108_1564463.jpg

この辺りは藪椿が丁度見頃か!!
f0052108_1571841.jpg

[馬の背尾根登山口 15:19]
依然と白砂に覆われているが、植生が濃く為り展望が無く為った尾根を降る
道の傾斜が無く為り、前方が開けると馬の背尾根登山口の観音山展望台だ
f0052108_1573642.jpg

崖っぷちに小さな展望所が設けられている
前方には御在所岳、スカイラインの一部が見える
足元には石仏が祀られている、、、西国三十三観音像だそうだ
f0052108_1592576.jpg

[三岳寺 15:30]
石仏を見ながらジグザグ道を5分程降ると三岳寺の境内に降り立つた

今日の予定は此れで無事終了、、、、
念願のイワザクラや、アカヤシオも見たし、岩団扇の群生も見事、、
満足のゆく一日だった (o^-^o) ウヒッ、、、、、が!
登り返しが待っている (ー_ー;) フウ
f0052108_1594914.jpg

[駐車地点 15:45]
三岳寺からヒィーこらと湯の山遊歩道の舗装路を登って行く
10分強で駐車地点にたどり着いたが、、、心理的に (´。`) ツカレタ・・
f0052108_1510656.jpg

さて次はクマガイソウを見に行かなきゃ、、、
そろそろ牧場にもヒツジが出てくるかな?、、、
紅芍薬も気に為るなぁ、、、
(;´・Д・`)ゞアセアセ、(;´・Д・`)ゞアセアセ


[本日の軌跡と経過時間]
f0052108_21454327.jpg
f0052108_21533628.jpgf0052108_21455567.jpg



[PR]
by loco156-2 | 2013-04-30 21:22 | H25.04 鎌ヶ岳長石谷~展望尾根 | Comments(2)
Commented by ルネオバ at 2013-05-10 10:11 x
イワザクラ、長石谷にもあるんですね!
一人で歩いていたら見過ごしてしまいますか?

長石谷、まだ歩いたことないのですが、来年はイワザクラに逢いに行きます!(^з^)~♪
馬の背尾根、前日の中道よりもアカヤシオ見事です!
でも、表年の割には一昨年ほどの見事さはないような?
鈴鹿、ホントに次から次へと花が見事ですね~
ホンマに忙しいわ~ (^▽^;)>゛
Commented by loco156 at 2013-05-12 23:41 x
>ルネオバさん
イワザクラは年々減少しているらしいし、アカヤシオも思ったよりも少なかったです。写真は在るところを切り取っていますから多く見えますが。鈴鹿は取り敢えずヒルの出る時期迄が勝負かと、、、所で、国見岳のアカヤシオ尾根は如何でした?。
<< 2013/5/25 水太林道か... | Top-page | 2013/4/13 木和田尾か... >>