気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
(27)
(23)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(6)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
クマです。オデーカン様も..
by クマ at 05:20
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013/5/25 水太林道から大普賢岳~七曜岳周回
大普賢岳 (1780m) 、、、介護登山か? ( ´△`) アァ-
f0052108_12202643.jpg

久々の大普賢岳から七曜岳周回に行って来た

話の発端は、会社の後輩Y氏と出撃の話が纏まり、
何処に行くか迷ったが、大人のアスレチック会場も良かろう
そう言えば、前回は和佐又からで、水太林道からアプローチした事は無い

一度行っておくのも悪くわないだろうと言う事で、、、
水太林道から岩本新道、大普賢、七曜岳の周回ルートだ


当日、近鉄大和八木駅に6時45分に合流、、、
コンビニで食料調達後水太谷の登山口に向う

県道31号線、国道169号線を辿り、、、
行者還林道に入って少し先で右折して水太林道に入る

林道は舗装路だが落石が多く、アルファじゃ不味かったと臍を噛む
二か所程で落石を跨いだら底を強く擦ってしまった (>_<)

この辺りは、カーナビには既に地図が無く、、、、
現在点が場所が判らず一旦引き返すというロスもあったが、、
8時40分頃に無事登山口に到着した
f0052108_15533536.gif




[水太林道登山口 8:54]
標識はあるが字は消えている
f0052108_129129.jpg

[水簾の滝 9:20]
歩きはじめてしばらくすると沢の音が聞こえ水簾の滝が見えて来た

此処が分岐で、左折無双洞、右折和佐又山ヒュッテだ

右に折れて和佐又ヒュッテに向うが、、、
何故か足が出ない ε= (++ ) ヒ-ヒー、、、シャリばてか???
f0052108_12114336.jpg

[和佐又へ枯谷の登り]
今日は異様に調子が悪いぞ、、、(~∇、~;) ハァハァ
此処に来る迄に何回休んだか、、、(;´д` ) トホホ

ウイダーinとY氏差入のアミノサプリを飲む、、、何となく効いたか?
f0052108_1212772.jpg

名物鉄製ステップ、、、まるで 岩にホッチキスだ!! (´ヘ`;)ヒィー
f0052108_12113138.jpg

[岩本新道分岐 10:39]
ここから標高差250mの尾根の登りが始まる
此処に来る迄は、何時引き返そうか考えていたが、、、

(^u^;) ハァハァゼェゼェ・・・

ボチボチ歩けば何とかなりそう、、、、行くか!! (* ̄0 ̄)/オゥッ!!
f0052108_12121869.jpg

[鷲の窟 11:21]
ヨタヨタと斜面を登って行く、、、時間が立てば少しは進む

岩壁を回り込んで行くと、、、ここで登山道に合流だ
f0052108_12132347.jpg

[日本岳のコル 11:40]
鷲の窟から鎖場を一登りで日本岳のコルに出る
(~∇、~;) ハァハァ、、、、
右に行くと日本岳だが、、、今回もパス
f0052108_1314225.jpg

[梯子の連続]
長いの、短いの、、、鉄梯子、木段、桟橋が連続する
f0052108_13314540.jpg

[石ノ鼻 12:03]
鉄梯子をグィっと乗り越えると、鼻の先に石ノ鼻の標識が、、、
右折すると石ノ鼻、、、超展望で休憩するには丁度良い所だ o(_ _ )o~~ドテ

この辺りから体調が戻り始めた様な感じも ホッ(-。-;)
f0052108_13315050.jpg

[梯子、鉄橋、]
石ノ鼻から少し降って、、、又々鉄梯子、鉄桟橋
f0052108_13362152.jpg

[小普賢の肩 12:18]
鉄梯子を二つばかりこなすと小普賢の肩に出る
此処を左折すれば小普賢岳ピークだが、、、、元気なし(-_-;)
f0052108_13483826.jpg

[降る、、登る、、]
小普賢の肩より一旦降る、、此れが結構降るんだよね (>_<)

コルに立つと目前に大普賢岳が、、、、
長目の鉄橋子を登り鉄桟橋に出ると、、、小普賢岳が目と鼻の先
f0052108_13483519.jpg

[奥駆道出合 13:03]
深い亀裂に架かる鉄橋を通り、、、、
トラバース気味の道を少し進むと大峰奥駈道に合流する
左折すると大普賢岳の山頂、右折すると山上ヶ岳へ至る
f0052108_13495452.jpg

[大普賢岳山頂 13:12~55]
10分程登ると山頂に飛び出した
大普賢岳 (1780m)頂上 (大峰第63番靡)だ

山頂には数人の先客がいたが、以外に人が少ない
此処に来る迄に10人程度のグループ二組とすれ違ったが、、
丁度良いタイミングだったかも v( ̄∇ ̄)v
f0052108_13504163.jpg

今日は天気が良くて素晴らしい展望だ、、、、
どうだいY君  ( ̄ー ̄)ゞ フフッ、、、、威張ってどうする


此処から七曜岳に向かう予定だが、、
その方向には、水太覗、弥勒岳、国見岳の連なりが、、、
f0052108_14295542.jpg

[水太覗 14:07]
40分程昼食休憩の後、降りに取り掛かる
痩せた岩尾根を降ると笹原の緩い斜面となるが、左は絶壁
見下ろすと水太谷に吸い込まれそうになる \(>o<)/ギェー
f0052108_14294818.jpg

七曜岳からこの谷へ降って行く事に為る
f0052108_18182653.jpg

石楠花と小普賢、、、今年は石楠花も異常に少ない気がする
この先の石楠花の群生地でも花付きは数本見かけただけだ
f0052108_14363470.jpg

[弥勒岳 14:26]
弥勒岳は山頂とも思えない小ピーク、、
気が付かないと手前で巻いて行きそうだ
f0052108_14462691.jpg

[国見岳分岐 14:52]
笹原に通っている踏み跡を辿って国見岳に向う
通行止めのロープを左にとり東側を歩き国見岳を巻く
この辺りが、オソゴヤ谷右岸尾根取付きか?
巻き終わると左上の樹木に国見岳の標識が付いていた
f0052108_15105674.jpg

[尾根分れ 15:01]
国見岳を通り越して降って行くと鎖場があり、、、
その先で尾根から左斜面に降って行くと、、
f0052108_15103717.jpg

[薩摩転げ・内侍落とし 15:03]
鎖場の激降りが始まる、、、この辺りが薩摩転げ、内侍落としか?
見た目程危険ではないが、鎖が安心感をもたらしてくれる
f0052108_1511452.jpg

[稚児泊・七つ池 15:11]
鎖場を通過すると苔生した良い雰囲気の平地に出る
此処が大峰第60番靡「稚児泊」である
テント設営には良さそうだが、、、水場が無いのが欠点か?

苔で覆われた巨岩や木々の間を縫って行く
途中に七つ池の標識があるが、、、水は無さそうだ
f0052108_1511041.jpg

途中で振り返ると、、、水太覗、大普賢、小普賢、日本岳、、
f0052108_16582989.jpg

[七曜岳への登り]
七曜岳手前には木梯子が二本掛かっているが、、、
どちらも一部が壊れている、、、何時まで持つか?

鎖場を乗り越すと、、、目前に木のテラスが伸びている
谷側には柵が無く、躓きでもしたら、、、\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
f0052108_15154013.jpg

[七曜岳山頂 14:47]
テラスから岩を一つ登ると七曜岳山頂 (1584m)に出る
山頂は殆ど岩で覆われていて広くは無い、、団体さんお断り!か?
f0052108_1517537.jpg

眼下にはオソゴヤ谷、その向こうに鉄山、弥山、、、
展望は折り紙つきだが足元が、、、〇間がスースーする (>_<)
f0052108_15163657.jpg

[奥駈道分れ (無双洞へ) 15:58]
時間が無いので早々に七曜岳山頂を後にする
少し下った所に大峯奥駈道の立派な石標がある
此処から左折して大峯奥駆道と分れる
f0052108_15461682.jpg

奥駈道から別れるとすぐに木階段が、、、
梯子上部の傾斜が、、、、微妙に危ない (>_<)
f0052108_15453942.jpg

木梯子の連続をこなして岩門を抜けると、、広尾根に出る
此処まで来れば大勢は決した、、、疎林の中をジグザグ

広尾根を右に降りて行き、、、次に左に巻いて行くと、、
水音が聞こえ出すと無双洞は近い
f0052108_1548487.jpg

[無双洞 16:57]
少し急な斜面をジグザグに降ると右に無双洞が口を開けている
f0052108_15475436.jpg

[和佐又分岐 17:03]
流れを跨ぎ、向いの斜面をトラバース、、、
直ぐ先が、朝に通った和佐又・無双の分岐である
f0052108_15482723.jpg

[水太林道登山口 17:20]
分岐から谷に沿って降り、登山口に降りると、、水色の車が1台、、、
此処から登る人も居るんだ (^-^; ・・・・

帰り仕度をしていると下山して来はりました男女3名のパーテーが
お疲れ様っす!!、、、、、(^ε-)~~♪♪
f0052108_15491879.jpg


今回は、非常に不調、、大普賢岳山頂直下迄回復しなかった
( ̄ヘ ̄)ウーン どうもシャリばての疑いが濃いが、、、体力低下かも?

Y氏には、、、お世話をおかけしました m(__)m ペコペコ
此れに懲りずに又遊んで下さいね (^_^)v

其れまでには、さらに修行を積む所存でござりまする (* ̄0 ̄)/オゥッ!!。
夏山も近いしな、、、、、(o^^o)ふふっ♪

[本日の軌跡と経過時間]
f0052108_16501556.jpg
f0052108_16504365.jpg f0052108_16495360.jpg




[PR]
by loco156-2 | 2013-05-29 22:10 | H25.05 大峯大普賢周回 | Comments(0)
<< 2013/6/1 シロヤシオ狙... | Top-page | 2013/4/28 鈴鹿 鎌ヶ... >>