気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
(27)
(23)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(6)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
クマです。オデーカン様も..
by クマ at 05:20
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014/01/05 今年のお初は伊賀の展望台、霊山に
平成26年初歩き!!、、歴史に彩られた 霊山 (766m)
f0052108_8355333.jpg

2014年元旦 あけましておめでとうございます
今年も、下らない記録を飽きもせず書き連ねる所存
全くの独りよがりな物ですので、参考にはなりませんが、、、
お暇な人は暫時御付き合い下さい (_ _)ぺこ



今年のお正月も、三が日は飲んだくれて、時々散歩
年始休暇も最後になって若干暇が出来たので初登りに出撃

今回はオデーカン様が久々のお出まし ハハァ~_(_^_)_
此処は、無理をすると後々迄響くとの読みで、近場の低山徘徊とした

行先は伊賀は上柘植にある霊山で、その名も霊山
かっては山頂に霊山寺の七堂伽藍が立ち並び栄華を誇っていたらしい
今は、遺跡も残っているが、展望の良さが売り物となっている
(例年1月1日に「霊山初詣登山大会」が行われるらしい)

山麓に再建された霊山寺の本堂は小さいが、、
山の彼方此方にその名残や遺跡が散見され過去の繁栄が忍ばれる
f0052108_1738487.gif




朝9時過ぎに家を出て、R369、R25と辿る
登山口のある霊山寺の門前駐車場に10時頃に到着
此処は桜の名所らしく、周囲の細い道路に比べて駐車場が3カ所程ある
今回は霊山寺門前のトイレ横の駐車場に入ると、既に車が一台駐車していた
先行者がいるのかな?、、、登山者か、参拝者か?

◆ 霊山寺門前駐車場 10:23 ◆
駐車場の前から道は直進方向と左方向の二手に分かれている
左に行くと林道が霊山寺を巻くように伸びている感じ、、、
此処は霊山寺の本堂を目指して直進、、、
お正月だし参拝は欠かせんやろ b=(^o^)=b
f0052108_8372036.jpg

道の少し先で左から旧参道らしい石段道が合流している
道の傍には石仏が多数祀られている、、というか 散乱している
かっての繁栄の名残か?、、、この先の彼方此方で見かける事になる
f0052108_8373624.jpg

霊山寺のこじんまりした本堂、、、かっては山頂に在ったらしいが…

右にある落葉樹が県指定天然記念物オハツキイチョウの大木
f0052108_838831.jpg

本堂から右へ進み、石段を上ると山頂に続く旧参道だ
f0052108_8385843.jpg

◆ 旧参道入口 10:31 ◆
左に石仏群とその先に「嶽十八丁」の石柱
f0052108_8395755.jpg

最初は山腹に付けられた人工丸太の階段道だが、少し登ると平坦道になる
道の両側には色々な形をした石仏が多数祀られて、中々趣がある
f0052108_8404654.jpg

◆ 登山口(林道出合) 10:39 ◆
平坦になった旧参道を進むと林道に出合う
林道には、この先通行止めなのかロープが張られている

出合の先で右に折れると、登山口の標識と一合目の石柱があった
この先は、山腹の斜面に人工丸太の階段道が伸びている
f0052108_84194.jpg

◆ 桜地堂 10:44 ◆
人工丸太の階段道を登り切ると、左に欠けた石仏と桜地堂の標識
桜地蔵じゃなくて桜地堂?、、、(-_-)ウーム

この数分先で2合目の標識が立っていた…200m刻みのようだ
f0052108_8415010.jpg

◆ 三合目手前休憩所 10:49 ◆
桜地堂から山道に変わり、5分程登ると休憩所らしい所を通過
周りには、壊れたベンチの残骸が散乱していた
f0052108_8421142.jpg

◆ 六地堂 11:21 ◆
五合目の標識を過ぎて5分程で六地堂(ここでも蔵ではなく堂?)を見る
御結び型の岩に六体のお地蔵様が刻まれていた
f0052108_8423039.jpg

六地堂の少し先の七合目の標識を過ぎて数分で、、、
突然頭上が開け、、、釣り尾根状の道と成る
f0052108_843137.jpg

右の展望が開け、伊賀の里が垣間見える
f0052108_8431616.jpg

◆ 原地堂、さいの川 11:28 ◆
次に現れたのは原地蔵じゃなくて原地堂とさいの川
さいの川とは、、、意味判らん ( ̄ヘ ̄)ウーン
どちらも石仏の事の様だが?、、、見難いが三体あるようだ
f0052108_8433755.jpg

◆ たいこ岩 11:33 ◆
この辺りから馬酔木の群生が現れだす
馬酔木の短いトンネルを抜けるとたいこ岩に出る
かまぼこ型の岩で、、、太鼓の半分そのまんま (^u^)プ
f0052108_8435479.jpg

◆ 尾根分岐 11:34 ◆
たいこ岩を過ぎると直ぐに尾根分岐に出る
この尾根、国土地理院の地図によると四辻になっており
北に登ると山頂、東に下ると田代湖、南に尾根を下ると山畑だが…
田代湖への踏み跡ははっきりしていて、良く使われている様だ
f0052108_8441816.jpg

田代湖への標識は倒れており、南へは通行止のバリケードが置いてある
f0052108_8443687.jpg

◆ 南尾根(馬酔木群生) 11:38 ◆
計画では、帰りに南尾根から派生する支尾根を降る予定だったのだが、、、
チョコッと様子を見に行ったが、、、
馬酔木群生地の中、南へ下る赤テープのあるが、右への降下点が不明

らしき場所は急斜面で、オデーカン様には、、、(ーー;).。oO(想像中)
速攻、、、諦めて山頂に向かった (-。-)y-゜゜゜
f0052108_84515.jpg

◆ 九合目(十六丁目) 11:42 ◆
分岐の直ぐ上が九合目で、左に展望が開け、休憩用ベンチもある
右の林の中には十六丁の石柱が立っていた
f0052108_845184.jpg

◆ 十合目石段 11:46 ◆
明るい雑木林を抜けて行くと左に石段が現れる
見上げれば、十合目の丁目石が覗いている
これを登れば、、、、(`o´)ノウッシャァ
f0052108_8453783.jpg

◆ 山頂 11:47-11:59 ◆
石段を登ると五輪の塔がお出迎え、、、山頂は土塁に囲まれており、
三角点は窪地を取り囲む外輪丘上の西北地点に立てられている
f0052108_846014.jpg

◆ 山頂の石室 ◆
土塁の真中辺りに石窟の奥ノ院があって
中に青銅製の聖観音菩薩が祀られている
f0052108_8461948.jpg

◆ 展望…青山高原の風車群 ◆
青山高原方向の展望、、、巨大風車群が良く見える
f0052108_847154.jpg

◆ 展望…伊賀盆地 ◆
三角点のある土塁上からは、眼下に伊賀盆地が広がる
f0052108_8473427.jpg

◆ 山頂土塁 ◆
土塁に囲まれている山頂は余り見かけない、、、珍しいものでは?
f0052108_8474869.jpg

◆ 霊山山頂遺跡の説明板 ◆
f0052108_848366.jpg

◆ 無線中継所 ◆
山頂の風景に異質な無線中継所、、、国土交通省管轄です
f0052108_8482238.jpg

◆ 山頂伽藍跡 12:02 ◆
山頂の直ぐ下に、何やら草付の空地が見えたので寄ってみる
案内は無かったが、地形からかなり大きな僧坊跡と推測できる
f0052108_8484360.jpg

◆ 一丁目の丁目石 12:28 ◆
下りは、登りと同じコースを30分弱でこなし、12時半前に一合目に降り立った
旧参道に入ると、登り時に気付かなかった一丁目の丁目石が左に立っていた
f0052108_849489.jpg

◆ 霊山寺右横に立つ案内柱 12:33 ◆
本堂に寄らず、旧参道を真っ直ぐ下ると、東海自然遊歩道の標柱があった
このまま真っ直ぐに、桜の林を突き抜けると門前のトイレ横に出た
f0052108_8492962.jpg

行動時間2時間少々、、、初登りはこんな所で、、、(´ー`)┌ ヤレヤレ... 

【本日の軌跡と経過時間】
f0052108_17541757.jpg
f0052108_8505130.jpgf0052108_17405435.jpg



[PR]
by loco156-2 | 2014-01-06 17:35 | H26.01 初登りは、、低山徘徊 | Comments(0)
<< 2014/01/13 迷った挙... | Top-page | 2013/12/23 スノーシ... >>