気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
(27)
(23)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(6)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
クマです。オデーカン様も..
by クマ at 05:20
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014/10/18 近場で束の間の山歩き
秋の宇陀、、、高城岳 & 三郎岳(標高879m)
f0052108_23225569.jpg

何と無くポッカリと暇になってしまった休日、、、
お天気も良いしなぁ、、、、、
そして何と無く頭に浮かんだ宇陀の三郎岳、、、

何故かは判っている、、、キーワードは ”松茸” だ!!

2か月程前には、この土日、、、
京都府の宮津で松茸入りすき焼きを食べているはずだった
が!!、ご覧のとおりのていたらくに陥っている

そこで浮かんできたのが三郎岳、、、もしかして o(*▼▼*)o ワクワク
(過去の記録は  )
f0052108_15531075.gif




宇陀の仏隆寺の駐車場に車を置いても良かったが
短時間で帰りたかったので、登山口近くの児玉神社の空き地に駐車
f0052108_23232213.jpg

児玉神社の少し先に、道の左側に登山口がある
「高城岳」&「三郎岳」の標識があるが、後ろに「三郎ケ岳」の標識が、、、
どちらが本当? ( ̄ヘ ̄)ウーン
f0052108_23235271.jpg

登山口から山道を少し登ると作業道に出る
此れを左に進み、左の墓地を過ぎた辺りで、再度山道に入る
f0052108_23242026.jpg

鎖場もありますが、、、何か?
f0052108_23243815.jpg

古い石標、、、壊れた石灯籠かも?
f0052108_23245776.jpg

石標を過ぎると直ぐに樹木が途切れ、一登りで高城岳山頂に出る
低山だが、展望はすこぶる良い、、、昔 塞があったらしいのも頷ける
f0052108_2325812.jpg

案内板の側にはお社が、、、その先には東屋がある
以前来た時は、遠足らしい学生が居たが、今日は誰もいない
f0052108_2325232.jpg

尾根伝いに三郎岳に向かう
此処からは痩せ尾根、急下降、急登が続く、、、短いが
最初の急斜面がお目当ての場所だったが、気配もなかった (>_<;)・゚゚・
f0052108_23253751.jpg

高城岳と三郎岳の鞍部からは、、、
最初は藪漕ぎに近い笹の茂った急登が連続する、、、短いが
登り切った辺りに右に大岩が鎮座している、、、何故かトラロープで通せん坊
f0052108_2325481.jpg

この辺りは所々展望が開け、眼下に袴ケ岳、後ろは高見山方面の山並か?
f0052108_2326044.jpg

細尾根を抜けて、木の根が張った急登を一登りすると、、、
f0052108_23261360.jpg

三郎岳山頂に飛び出す、、、 (^-^)V イエー
此処も、高城岳に負けず劣らずの展望が開ける
f0052108_23263330.jpg

三郎岳山頂からの降りも急下降、、、岩場の降り状態だ
岩場を降ると、その先で何と無く踏み跡が分岐している様な、、、
f0052108_23265269.jpg

左に曲がってみると、、、磨崖仏の下に出た

誰が彫った物か?、、、日蓮聖人像?
f0052108_2327497.jpg

前に来た時には気づかなかったが、奥に十一面観音菩薩立像
f0052108_2327192.jpg

こちらは地蔵菩薩
f0052108_23274027.jpg

俗名、石割石松と彫られた石像、、、

とあるBLGによると、、、
大正初年頃、大和各地に石造物を造立した吉村長慶氏と云う人らしい
f0052108_23275538.jpg

磨崖仏から少し下ると明開寺奥の院に降立つ
道標では、此処を左に行くと血原橋(室生寺)方面、右に行くと石割峠だが、、、
右に行くと石割峠下の林道終点辺りに出る

古い建物は宿坊か?、新しい建物は美徳堂となっていた
f0052108_23282381.jpg

石割峠に出るには、宿坊らしい建物後部の尾根に取付く様だが、、、
踏み跡も定かではないので、踏み跡を右に降る、、、
この道は、余り人が通らないのか、高木岳への道より荒れている
f0052108_23283365.jpg

15分~16分、植林帯を降ると林道に出合う、、、旧伊勢本街道だ
左の直ぐ上で林道は行き止まりの様で、広場に石割峠の案内板が立つ
f0052108_23284421.jpg

諸木野集落に向かうと、途中に伊勢本街道の名残が、、、
f0052108_23285943.jpg

伊勢本街道に立つ黄金、、、、茸 (コガネタケ)
可食らしいので食べてみたが? (~ヘ~;)ウーン
f0052108_23292061.jpg

愛宕神社、、、本社は京都か?、、、其れとも (-_-)ウーム
f0052108_2329374.jpg

諸木野集落入口の伊勢本街道出合
f0052108_23295342.jpg

登山口へ向かう途中の高城岳、、、中々良い姿だ
f0052108_2330653.jpg

高城岳から三郎岳、諸木野集落と周回したが、誰と荷も会わなかった
何だか、時間が止まっていたような感覚、、、此れも又良し (^_^)v

【本日の軌跡&経過時間】
f0052108_16114694.jpg
f0052108_23302328.jpgf0052108_16121141.jpg



[PR]
by loco156-2 | 2014-10-22 21:47 | H26.10 高城岳・三郎岳 | Comments(0)
<< 2014/11/03 晩秋はい... | Top-page | 2014/10/04 木梶川源... >>