気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(34)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013/3/23 早春大峯 稲村ヶ岳・大日山
冬から春へ、一日限りのマジックショー

霧氷の髪飾り、、、大日山 (1,695m)

f0052108_9331584.jpg

久し振りに稲村ヶ岳に行って来た、、7年半振りだ

今年に入って、引き籠りが終了したら、怒涛の出撃、、、

以前から、話があったY氏との山歩きも、、、
スケジュールが中々取れず、、、一度言って見たかった (^_^)v
3月も末になって、やっと約束が果たせた
何せ、お忙氏なんよ、おいらは、、、、(^。^)y-.。o〇

何時もの通り、近鉄八木駅で7時に待合わせる
駅前コンビニに立ち寄り、7時15分頃に母公堂に向う

予定では1時間程で到着するはずだったが、有ろう事か、下市で道間違い、
母公堂には30分近く遅れて到着した、、幸先悪っ (-_-;)

天気も、予報では晴れ時々曇りだったが、洞川辺りは厚い雲に覆われていた
f0052108_12192444.gif




[8:40 母公堂]
母公堂前駐車場には既に先客が3台止まっていた
山道の最新情報が判らない、、、アイゼン要るかなぁ (ーー;)

ペアの登山者が丁度出かける所だったので、今日の状況等を聞いてみると
ルートに雪が少ないようなのでアイゼンは持って行かないとの事

( ̄ヘ ̄)ウーン、、、どうすべぇ

アイゼン、重いしなぁ~、、、、でも、〇〇オバさんが言ってたよなぁ、、
5月のGWでも残雪が有る時があるって、、、やっぱり持って行こう… 
てな、葛藤があって登山口に立ったのは9:00だった

此処から法力峠までは植林帯の中を登る、、、花粉症には辛いか!
f0052108_12493150.jpg

[9:54 法力峠]
登山口より1時間弱で峠に到着
右に折れると観音峰、左に進むと稲村ヶ岳だ
先行していたペアの登山者を追い抜く

此処で、北側斜面から南側の明るい斜面へ尾根を乗越す
林も、今迄の植林帯から明るい自然林へと変わるが
視界はガスの中… (>_<)
f0052108_12494058.jpg

[10:27 マンモス杉]
法力峠から20分少々進むと植林帯の中にマンモス現る

雪の重みに何時まで耐えられるか?、、、、
f0052108_12495838.jpg

[10:57 石地蔵]
谷の方に向かって秘っそりと佇んでいる
f0052108_12501358.jpg

[11:00 高橋横手]
道幅が狭くて、積雪時には滑落した人もいるそうだ
積雪・凍結時には通りたくない所ではある
f0052108_12503772.jpg

此処も嫌らしい道、、、橋が落下した所の様だ
f0052108_12504513.jpg

[11:10 稲村岳山小屋]
ガスの中に小屋の姿がおぼろげに見えてくると山上辻に到着
少し先の稲村小屋の赤い屋根が目に付く
小屋前の休憩場所にも今の所人影は無い

先のルートを見ると、、、(◎_◎;) おっ! 残雪が結構ある

此処でいったんアイゼンを装着する、、、、も!
少し上った所で残雪が途切れた、、、アイゼンが邪魔!! (>_<)
せっかく付けたが、歩き辛いので取外す クッ!(~_~;)
f0052108_125139.jpg

[霧氷!!]
気を取り直して歩き始めると、、、
何かガスが濃くなった様な?、、、、

(◎_◎;) おっ、おおっ!、、霧氷だっ!!

どんどん霧氷が広がってゆく感じがする
f0052108_1252359.jpg

周囲の 景色は、、、、俵屋宗達の松林図だ!!
f0052108_11381822.jpg

[11:48 大日山手前コル]
核心部、東壁トラバースの入口だ、、
先の様子を見ていると、独行の登山者が下ってきた
お話を伺うと、この先はアイゼンが無しでは難しいらしい

アイゼン装着中に、追い着いて来たペアの登山者がトラバースに進入、、
暫くして引き返してきた、、、
アイゼン無しでは無理なので諦めるとの事だ
f0052108_12524768.jpg

[11:56 大日山東壁トラバース]
トラバースに進入、、、
最初は残雪で細くなった崖際の道
数m程進んで、ナイフリッジ状の残雪に乗る、、、靴幅ギリギリだ

その先、岩肌に沿ってクレバスが出来ている
体重を掛けると雪が崩れそう、、、この部分が一番ビビッた
ツララも落ちて来そうだし、、、(>_<)
f0052108_12525721.jpg

滑落すると、、、100mは固いな (ー_ー)!!
f0052108_12531673.jpg

[12:04 大日コル]
恐怖のトラバースを通過、残雪に埋まった急登を直登する

一登りで、前方が開けたコルに乗る

大日山と稲村ヶ岳の分岐点、、、目前にキレットが開ける
f0052108_15564983.jpg

[キレット]
ガスで視界は限られるが、此処も霧氷が、、
f0052108_15501254.jpg

キレットを超えた後の鎖場あたりか?、、
残雪にズボって、脱出に手間取るY氏、、、(^u^)プププ
f0052108_15285015.jpg

[12:21 東尾根]
左に折れるとミノクサ尾か?、、
この辺りは御殿屋敷と呼ばれるらしい
山頂へは左折して斜面を登る
f0052108_15434862.jpg

[12:29-43 稲村ヶ岳山頂テラス]
登山口より3時間半程かかって山頂のテラスに到着した

「大峰の展望台」とうたわれる展望が、ガスで薄っすら ( ´△`) アァ-
f0052108_15324469.jpg
諦めて近くの霧氷なんかを撮っていると、、、
何だかガスが薄れだして、、、展望が開けだした V(^0^)

[北東側の展望]
f0052108_1657552.jpg

[東側の展望]
f0052108_16582756.jpg

[南側の展望]
バリゴヤの頭、その後ろには「弥山」が有るはずだが、、、
f0052108_1659889.jpg

[南西側の展望]
f0052108_16594754.jpg

[三角点]
山頂テラスの足元には三等三角点が秘っそり、、
f0052108_16312955.jpg

[12:48 岩場の展望台]
三角点から先に、石楠花をかき分け、小さく降り、登り返すと、、、
足元ががストンと切れ落ちた岩壁に出る

目の前に大日山の雄姿と、白倉谷が広がっている
この角度の大日山は余り無いだろう ( ̄ー ̄)ゞ フフッ
f0052108_164194.jpg

隠れ展望台から先は踏み跡も判らないので引き返す

[13:13 大日山への登り]
山頂へ一旦戻って、大日のコルに戻る
次は、大日山だ!! (`o´)ノウッシャァ

小規模だが、梯子、階段、岩場のヘツリ、ナイフリッジ等が続く
何処も、一歩間違えれば谷底に真っ逆さまな危険が一杯
大日山への登り、、、中々のもんだ (-。-)y-゜゜

どのコースが正解?、、、的な小規模な岩場
f0052108_16532151.jpg

[13:17 展望地]
小さな岩槐に登ると、足が竦む展望が、、、お〇〇チビリそう
足を滑らせれば、あの世への直行特急だ (>_<)恐!
f0052108_16163672.jpg

[赤い鉄橋]
名物、赤い鉄橋、、、昔の木橋が下に残っている
良く付けたもんだ、、、謝々 <(_ _)>
f0052108_1652813.jpg

[13:22 大日山山頂]
狭い山頂には大日如来の祠が、、、
此処が、女人大峰の信仰の場所だったらしい
f0052108_1654533.jpg

[13:38 大日山東壁トラバース]
登り時は緊張したが、、、、
下るときは為れたのかサクッと通過 V(^0^)
f0052108_1662733.jpg

登り時には霧氷に飾られていたのだが、、、
今は、全て消えてしまった (゜ロ゜) ヒョオォォ!

一時間ちょっとのマジック・ショー、、、、??
f0052108_1664717.jpg

[13:55-14:43 稲村岳山小屋]
小屋前の広場で遅めの昼食休憩、、、
時間が経つ毎に青空が広がってゆく、、、

1時間ほど前だったら ク~ッ!!(>o<)、、、言うまい
降ると晴れる、、、法則だな o( _ _ )o ショボーン
f0052108_16776.jpg

[14:45 山上辻]
春の日差しが、、、右に行くとレンゲ辻から山上ヶ岳
f0052108_167205.jpg

[15:14 法力峠直前]
登りの時には見えなかった弥山、頂仙岳の稜線が、、
f0052108_15123772.jpg

[15:32 法力峠]
稲村小屋から50分程で法力峠に降り立つた

柔らかい日差しの中、静かに標識が佇む

此処からは鬱蒼とした樹林帯に入る
f0052108_1618255.jpg
[15:57 五代松鍾乳洞分岐]
植林帯の中に分岐の標識が経っている
左に行くと五代松鍾乳洞、右に下ると母公堂だ
f0052108_16184825.jpg

[16:05 母公堂登山口]
杉の植林帯の緩い斜面を数分で林道に降り立った
f0052108_16185922.jpg


7年半ぶりの稲村ヶ岳・大日山だったが、、、、
大日トラバースの残雪、霧氷の発生から消滅、
垣間見た「大峰の展望台」の景色 等、、、、

いやー、盛り沢山だった、、、どうだいYさん ( ̄ー ̄)ゞ フフッ

次は、大普賢辺りはどぉ?


[本日の軌跡&経過時間]
f0052108_1552121.jpg
f0052108_1624276.jpgf0052108_16241748.jpg





[PR]
by loco156-2 | 2013-03-25 22:33 | H25.03 大峯 稲村ヶ岳 | Comments(2)
Commented by ルネオバ at 2013-04-03 12:29 x
稲村のコメント入れようと思ってたら、
もう藤原岳がUPされていて焦ってしまいました・・ (^▽^;)>゛

稲村、アイゼンもって行かれたんですね~
たまには私のレポも役に立つことがあるとおもうと、ちょっと嬉しいです ъ(^ー^)
それにしても、残雪もいつもの時期より少ないみたいですね~
この分だと5月初めの戸開け式には雪は消えているかもしれませんね。
・・ということは、オオミネコザクラも例年より早めかも?

儚い霧氷が消え行くまでの束の間のマジックショー、楽しませていただきました! (⌒▽⌒)/

・・にしても、太腿までのズボリはすごい! (×_×;)
Commented by loco156-2 at 2013-04-03 23:01
>ルネオバさん
焦らせてごめんなさい ぺこ <(_ _)>。
藤原岳は、間違えて動画が不完全なままUPしたもんで、、、
現在修正済みです。
>オオミネコザクラも例年より早めかも?
以前、八経ヶ岳から孔雀への稜線で咲いているとの情報は得ていたのですが、、、
稲村にも在ったのですね、又 行く理由が増えましたわ、、、情報有難う御座いました。
<< 2013/3/30 藤原岳/孫... | Top-page | 2013/3/15~16 爺友... >>