気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(34)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013/4/13 木和田尾から頭陀ケ平、カタクリ峠
冷川岳手前の県境尾根に咲く岩団扇

葉っぱも蕾も一杯、、、これからか?
f0052108_23143898.jpg

先日、スプリング・エフェメラル狙いで孫太郎尾根を登ったが
目的の一つ、福寿草を見る事が叶わず、悔しい思いをした (>_<)

こうなりゃ、確実な藤原岳へ、、、と思ったが、泥道がなぁ~ (ーー;)
そこで浮かんだのが坂本谷の福寿草自生地だ

久し振りに木和田尾から登り、県境尾根は未踏の御池岳方向、、
距離が有りそうなので、行ける所まで行って見る事にした


当日、朝5時半頃に起き出して、準備をしていると、、、
携帯電話がけたたましく為り出した、、、、
アラームの消し忘れかと思いながら画面を開くと
w(°o°)w わぉっ!!、、、緊急地震速報だ!!

その後、1~2秒後にガッンと一揺れ、、、、
(;¬_¬) じーっと様子を伺うも継続は無い

TVのニュースでは、震源の小豆島辺は震度6だが、家の辺は震度3程度
今の所、特に大きな災害は発生していないとの事だった、、、(´▽`) ホッ

取り敢えず、出撃する事にして、家を6時過ぎに出発
名阪国道に乗るが、地震なんてどこ吹く風、、車は普通に流れていた
f0052108_0251327.gif




[藤原岳]
国道306から見た藤原岳、、、採掘跡が痛々しい
f0052108_23145427.jpg

[藤原簡易パーキング 7:57-8:7]
ほぼ予定通りの8時頃、簡易パーキングに到着
山口貯水池周辺も考えたが、安全を見て此方に駐車
f0052108_2315214.jpg

[田圃道の獣避けゲート 8:16]
東海自然遊歩道を通り抜け、林道へ直結する田圃道を歩く

此処までで、獣避けゲートが2か所(遊歩道入口と出口)だ
獣害が酷いのか、非常に厳重にフェンスが張り巡らされている
f0052108_23205118.jpg

[林道入口付近 8:21]
ゲートを開けて田圃道を通り抜け、林道に出ると
中電巡視路入口辺りで植林を伐採中、、、、
挨拶をして、トラックの横をすり抜ける、、御苦労さまっす <(_ _)>
f0052108_2316668.jpg

[白瀬峠登山口 8:25]
駐車場から20分程で山口貯水池横の白瀬峠登山口に到着
周囲には、登山者の物らしい車が4台止まっていたが人影は無い

右の林道は途中迄、左の細い道が登山道だ
f0052108_23211326.jpg

[谷沿いの登山道]
薄暗い植林帯の中、ガレた谷沿の急登をがしがしと上がっていく
f0052108_1226257.jpg

谷筋の道はかなり荒れていて、倒木でルートが途切れている所も有る
f0052108_2321214.jpg

[尾根取付き 9:09]
谷に沿って小一時間程登ると、赤丸が付けられた立木に到着
此処からは谷を外れて、山腹の巻道に変る
f0052108_23213123.jpg

[R203鉄塔辺り]
ルートは気持ちの良い二次林の中を伸びて行く
f0052108_23225146.jpg

[山口区入口 9:32]
山腹を巻き気味に尾根を一つ越え、隣の谷に入る
谷幅が広がり、前方に「山口区入口」と書かれた立木が目に留まる

此処は左右どちらの斜面を登っても尾根に乗り、先で合流している
今回は真ん中の谷を源頭まで詰めて行く
f0052108_2322599.jpg

以前来た時は、此処で節分草を見かけたが、、、?
やけに群生しているのはトリカブトか?
f0052108_2323738.jpg

[木和田尾合流 9:48]
10分少しで、子向井山から伸びる尾根に乗る
f0052108_23232580.jpg

[R201鉄塔 10:03]
少し傾斜が強く為った疎林を一登りすると鉄塔下に飛び出す
鉄塔直下まで行くと一度に視界が開ける
正面には、藤原町の街並みが、その先には養老山系の稜線だ、、、



[坂本谷分岐 10:19-10:57]
登山口から2時間弱、、、、坂本谷分岐に到着
ザックをデポって坂本谷を降って行く、、、
f0052108_23235513.jpg

降る途中は、何処を見てもバイケイソウ、、、福寿草のフの字も無い
10分程砂礫の急斜面をズリズリ降ると、、、
深く掘れ込んだ亀裂の対岸に黄色い色がチラリ、、、、(°〇°;) おおっ?

一年振りの福寿草と「ごたいめ~ん!」だが!、、、 対岸に何処で渡る?
掘り込まれた谷筋を見回すと、一か所 登れそうな所を発見

花の様子は、既に盛りを過ぎていたが、マズマズの状態
でも、何んか花が小さく為った様な気がするんだけど?
密集度も少し寂しく為ったような、、、、( ̄ヘ ̄)ウーン
f0052108_2324456.jpg

不思議なのが、この一帯しか福寿草が無い事、、、群生地が縮小か?
f0052108_23261112.jpg

[L203鉄塔 11:14]
坂本谷分岐を直進して尾根を登ると直ぐにL203鉄塔に出る

鉄塔の先には県境尾根が左右に伸びている
この辺りから窪地等には残雪が現れだす
f0052108_2327257.jpg

[中電避難小屋 11:24]
鉄塔下を直進、数分行くと尾根が右に曲がり、、、
少し上に中電避難小屋が見える
小屋は壊れかけている様だが、、、使われていないのか?
f0052108_23272040.jpg

[県境尾根直下 11:34]
小屋の横から尾根を直登、、、、結構きつい登りだ
ジグザグ、ジグザグ、、上から数組の登山者が降りてくる
中にはトレイルランナーらしい人にも出合った

この時間に降るなんて、、、、大貝戸からかコグルミからか?
いずれにしてもお早い御着きで、、、ワシが遅いとも (-_-)ゞ゛ウーム

小屋からの急斜面をこなすと、一旦傾斜が緩んだ台地状の所に出る
目前には、県境尾根の斜面が視線を塞ぐ、、、短いが急登だ (ーー;)
f0052108_23274678.jpg

正面から少し登り、右に斜めに登って行くと姿の良い木が在り、、
其処から、左に折れて登って行くと、、、プラ製の階段が現れた
f0052108_11384227.jpg

[山口(木和田尾)分岐 11:44]
階段を登り切ると県境尾根の縦走路に出る
目前には、L201鉄塔がそびえ、その向こうには御池岳が、、
縦走路の横には、山口(木和田尾)、藤原岳、白瀬峠分岐の標識が立つ
f0052108_2328614.jpg

[頭陀ケ平 11:47-11:52]
縦走路を左に少し登ると、本日の最高到達点、頭陀ヶ平(1143m)だ
f0052108_23282130.jpg

展望はすこぶる付きだが、少し霞んでいるのか、遠望は今一だ
御池岳方面の展望、、、、右の山塊は伊吹山か?
f0052108_131012.jpg

[白瀬峠への標識]
標識では、右の尾根伝いが登山道と案内
f0052108_2331109.jpg

この辺の尾根は二重山稜で、窪地の北側斜面には残雪が残る
f0052108_954353.jpg

[白瀬峠に続く県境尾根]
明るい二次林の中、気持ちよく降って行く (^_^)♪♪

途中、赤字で山口区と書かれた木立があったが、山口区って、、?
f0052108_23312437.jpg

[白瀬峠 12:08]
二次林の尾根を15分ほど下ると白瀬峠だ
この時期は落葉しているので周囲の様子が良く判る
f0052108_2331429.jpg

此処は、交通の要所?、、、、十字路に為っている
今回は直進してカタクリ峠を目指す
f0052108_23315360.jpg

[冷川岳(1,050m) 12:15]
痩せ尾根を数分登り帰すと傾斜が緩み、狭い平地に出る
登山者が数人休憩中だったが、標識が無いと単なる尾根の一部だ

樹間越しに御池岳、周辺にイワカガミの群落、花はまだ先の様
f0052108_23325832.jpg

[P1054 12:20]
冷川岳表示のピークから少し降って登り返すと、、、、
テープ、赤ペンキが多数付けられている場所を通過する

後で調べると、此処が冷川岳との意見もあつた
標高も1,054mと少し高いし、丸尾尾根の分岐点でもある
f0052108_9253482.jpg

[Co1020m辺り 12:29-13:14]
時間も12時を越えているので、休憩ポイントを探しながら進む

Co1020m辺りで、縦走路を少し外れて昼食休憩とした
斜面が少し崩れて、縁に為っているのでそこそこ展望も有る
f0052108_1433116.jpg
眼下には林道横の作業場が見えていた
f0052108_20575741.jpg

[屈曲点 13:36]
昼食後、縦走路に復帰し、更に降って行く
小さな斜面を登り帰すと標識があり、ルートは直角に右折
f0052108_23333215.jpg

[カタクリ峠 13:43-13:50]
屈曲地点の直ぐ先で、尾根を巻き気味に山腹を降るとカタクリ峠だ

辺りには人影も無く静まりかえっている
時間を見ると1時半を超えている、、、今日は此処までだな
f0052108_23334328.jpg

[岩団扇]
カタクリ峠から登り返し、Co970m辺りで岩団扇の群生を発見
咲いてる花は少しだが、蕾も多く、見ごろは此れからか?
f0052108_23335265.jpg

[冷川岳(1,050m) 14:42]
尾根越しに見える鉄塔が経つピークは頭陀ケ平か?
f0052108_2334750.jpg

[白瀬峠 14:45]
カタクリ峠から1時間弱登り返すと白瀬峠だ
此処からは坂本谷(山口バス停)にルートを取る
f0052108_23342614.jpg

[崩壊地 14:57]
山腹をジグザグに10分少し降ると大崩れした谷に出合う
f0052108_23344252.jpg

[坂本谷分岐 15:13]
崩壊谷からは緩い傾斜の道となり、暫く進むと坂本谷の分岐に出る
此処を左折し、木和田尾尾根を降って行く
f0052108_2335237.jpg

[P201鉄塔 15:27]
この鉄塔下でルートは左右に分かれるが、谷に降れば合流する
今日は、朝に通った右ルートを再度通る
f0052108_94073.jpg

[木和田尾]
朝の登りはヒーヒィ、(~∇、~;) ハァハァ、、、降りはハイウェー(^-^)v
f0052108_2335444.jpg

[山口区入口分岐 15:41]
傾斜が緩んで痩せ尾根に為ると、木立に左下への矢印が、、、、
左へ斜面を降ると、山口区入口を経由し、谷沿いに登山口に至る
今回は此処を直進して子向井山経由で降る
f0052108_23355331.jpg

[子向井山 15:48]
明るい二次林の尾根を過ぎて、灌木帯に突入、、
少し行くとアシビに囲まれた小さな広場に出る

足元には石杭、左の木立に小さな標識で「子向井山」、、、
その横の立木にはペンキで、「下山路 ↑」の表示が、、、
f0052108_22125595.jpg

[204鉄塔 16:00]
アシビの林から二次林を抜けて植林帯に入る
その先、立木の切れ目から鉄塔の基部とその先の展望が、、
最後の展望が得られる204鉄塔に飛び出した

下山道は、鉄塔手前を右折すると植林帯の中に続いている
f0052108_23362223.jpg

[205鉄塔 16:10]
樹林帯の中を降って行くと、木立で囲まれた鉄塔下に出る
下山の方向は、鉄塔下を左に降って行く
f0052108_23363876.jpg

[林道出合 16:31]
薄暗い植林帯の中を降って行き、平地に変ると林道入口が近い
前方に崩れかけた小屋が見えれば林道だ

その後は、獣避けゲートを越えて10分程で簡易パーキングに帰り着いた
f0052108_23365232.jpg


本日は御日柄も良く、福寿草にも会えたが、、、、
何だか、満足感が少ない、、、(- .-)ヾ ポリポリ

当初の秘めたるヤボウが、御池岳迄届くかもとの、希望的観測が原因か、、、
スピードUPの修行もしなけりゃならんのかなぁ ( ̄~ ̄;) ウーン

[本日の軌跡&時間経過]
f0052108_15414658.jpg

f0052108_8441468.jpgf0052108_1593875.jpg



[PR]
by loco156-2 | 2013-04-14 23:06 | H25.04 頭陀ガ平~カタクリ峠 | Comments(0)
<< 2013/4/28 鈴鹿 鎌ヶ... | Top-page | 2013/3/30 藤原岳/孫... >>