S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(36)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013/11/23 アベ山谷から盆栽平、天高コース降下
北部台高 冬景色、、、始まる!!

☆ 白く輝く国見山から前山の稜線 ☆
f0052108_103355.jpg

先週、オデーカン様と久し振りに明神平界隈を歩いたが、
この時、日陰の所々で今シーズン初めての雪を見た


今週は、週中に天候が悪化し週末に回復の予報
もしや、今シーズン初めての樹氷に出合えるかも o(^o^)o ワクワク
大又へは連ちゃんだが、行って見ることにした

只、同じルートじゃ面白くないので、アベ山谷右岸尾根を登る事にした
f0052108_105092.gif




◆ アベ山谷入渓口 7:26 ◆
先週より落葉が目立っていた、、、秋も終わりか?
f0052108_114016.jpg

梯子を登った所で左折、、、崖っぷちの斜面を登る
f0052108_11475386.jpg

◆ 杣道分岐 7:46 ◆
植林帯の薄い踏み跡を20分程辿ると細い涸沢に当る
此処で、谷の方へ曲る踏み跡らしいものを発見
尾根通しのルートを行くつもりだったが、急遽コース変更だ
以前見たネットの記録に、アベ山谷を遡上した記録があったが、、、
もしや、との思いもあった o(^o^)o ワクワク
f0052108_12763.jpg

◆ アベ山谷杣道 (涸谷渡渉) ◆
踏み跡は、涸谷で消滅するが、その先を見ると続いている気配
目印は黄色いペンキや、黒いロープ等々、人為的な残置物だ
f0052108_122434.jpg
f0052108_12351.jpg

◆ アベ山谷二股付近 ◆
杣道分岐から約30分程進むと、小さな滝を持った谷に出た
此処でアベ山谷が二股に別れているようだが、、、
渡るルートも見当たらないので、左又を谷沿いに登る
左の尾根に逃げたい所だが、斜面が激しく崩れている
f0052108_124339.jpg

◆ 炭焼窯跡 8:46 ◆
30分程谷を右往左往しながら登ってゆくと、古い炭焼窯跡に出た
此処からのルートははっきりせず、登りやすそうな左又を進む
いささか、迷走状態の感がある、、、(~ヘ~;)ウーン
f0052108_125449.jpg

◆ 尾根踏跡合流 9:26 ◆
少し進むと、谷も傾斜が急になり、登り辛くなったので左尾根に取付く
踏み跡のない斜面を、立木を頼りに登ってゆくと、、、
斜面を巻く明確な踏み跡にぶつかった、、、

先を見てみると、何やら赤いテープらしいものが目に入った
ふぅ!!、、、やれやれ、やっと杣道に合流したか ( ´ー`)フゥー

一安心して、踏み跡を辿ると、、、何だか見たような風景に、、、
更に上ると、何だ!、、、尾根通しのルートに戻っていた (>_<)

結局、沢に沿って遠回りしただけさ、、のお疲れさんに終わった
┐( -"-)┌ヤレヤレ、、、何のこっちゃである、、、
赤ゾレ山の下を目指したが、そうが問屋が卸しませんわ ( ´△`) アァ-
f0052108_143067.jpg

◆ 北部台高縦走路出合 9:54 ◆
樹林帯から縦走路に飛び出すと、、、いやぁ~いい天気です
踏み跡には、雪が薄く積もっており、周囲の山々も白く輝いている
f0052108_153198.jpg
f0052108_165717.jpg

◆ 赤ゾレ山 (P1300) 10:22 ◆
赤ゾレ山の山頂に出たが、人影はない、、、
晴天下、目前には国見から薊岳への稜線が伸びている、、良い気持ちだ
f0052108_172560.jpg

◆ 赤ゾレ池 10:57 ◆
山頂から東南尾根を下り、お気に入りの斜面で20分程マッタリ、、

尾根道を少し登り返し、赤ゾレ山をトラバース、鞍部の池にでる
池は凍ってはいないが、白いフリルを付けて冬化粧か?
f0052108_1114550.jpg

◆ 馬駆ケ辻 (P1320) 11:22 ◆
赤ゾレ池から馬駆ケ辻への縦走路は雪で覆われ、所によっては7~8cm程だ
梢からは、樹氷がキラキラと光りながら落ちてくる
f0052108_112872.jpg

f0052108_1122362.jpg
◆ 国見馬駆ケ場 11:37 ◆
馬駆ケ場では、誰かが休憩していると思ったが、、、
誰も居らず、国見山、水無山、桧塚等々の展望を独り占めだ
f0052108_113880.jpg

◆ 国見山北斜面 ◆
国見山の裾を巻いて盆栽平を目指す
f0052108_1265365.jpg

◆ 盆栽平 12:40-13:27 ◆
盆栽平は、台風による倒木で雰囲気が荒れ気味だが、、、
ノンビリするには良い所に変わりはない

初めて来た時に休憩した、倒木の根っこの陰で昼食休憩とする
f0052108_1135090.jpg

◆ 国見湧水 ◆
盆栽平上部、ポカポカ陽気の中40分強もマッタ~リ

気が付くと、太陽が稜線の直ぐ上まで降りてきていた
慌てて、腰を上げて稜線に向かう

途中、湧水を見付けたが水量が少ない、、、国見湧水か?
f0052108_114418.jpg

◆ ウシロ嵓 13:43 ◆
盆栽平から尾根を直登すると、ウシロ嵓の縦走路に飛び出す

此処からの帰り道、時間が予定より少し遅くなったので、、、
先週と同じ天高コースを下ることにし、台高縦走路を国見山へ向かう
f0052108_1141469.jpg

ウシロ嵓からの展望、、、この辺り唯一の展望所だ
f0052108_1142928.jpg

◆ 国見山天高ルート分岐 13:51 ◆
ウシロ嵓から10分程で国見山山頂への取付に至る
此処を左にそれて、国見山の西斜面をトラバース

かなり急な斜面だが、植林樹が密集しており問題なく歩ける
f0052108_1144188.jpg

◆ 天高ルート ◆
西斜面を5~6分トラバースし、最初の尾根に乗る

ひたすら尾根心を下る、、、最初の目印は「8」の標識
f0052108_1145187.jpg

◆ 上部林道出合 14:8 ◆
尾根心を下ってゆくと、廃林道に降り立つ、、
林道は10m程下で左折しているが、ルートは右に反れて尾根を直進
f0052108_115652.jpg

◆ 尾根降下(ロープ場) 14:19 ◆
主尾根から左折して支尾根に下る、、、お助けロープあり
f0052108_1192163.jpg

◆ 岩場降下 ◆
大きな岩を超えた所で左折して下る、、、左上に案内標識あり
直進すると崖先端に出るが、その先に道はない
f0052108_1154923.jpg

◆ 天高ルート4標識 ◆
右に天高コース「4」の黄色い標識
f0052108_1161629.jpg

◆下部林道出合 14:29 ◆
天高「4」標識の直ぐ先で、荒れた斜面を数m下ると廃林道に立つ
此処を右折し、廃林道の水平道を暫く進む
f0052108_1162975.jpg

◆ ジグザグ道取付 14:47 ◆
荒れた水平道を20分程進むと、分岐らしいところに出る
此処を左に進むと、急斜面のジグザグ道が始まる
f0052108_1164022.jpg

ジグザグ道の途中で一旦樹林帯が途切れ、、、
眼下には四郷川の谷、支支援の先には前山~薊岳への稜線の連なり
展望が開け、単調な林道下りの中で良い気晴らしになる
f0052108_1164986.jpg
f0052108_117113.jpg

◆ 大又林道出合 15:24 ◆
林道を下って行き、水音が大きくなってくると大又林道との出合が近い

縦走路より約1時間半程で特徴のある四郷川渡渉点に出る
浅い流れを渡ると大又林道だ
f0052108_1171120.jpg

◆ 法面工事現場 ◆
先週は工事中だったが、今日は人影は無し、、、一段落したのかな?
f0052108_1175229.jpg

◆ 大又駐車場 15:41 ◆
駐車地に帰ってくると、入口の土砂を取り除いている最中だった
駐車中の車は、出発時より増えていた、、、そろそろ日が陰るが?
f0052108_118150.jpg

この次来る時は雪に覆われている事だろう
ビバ! スノーシュー、、、ビバ! シリセード d=(^o^)イエイ

◆ 巨大キノコ ◆
途中で手に入れた巨大キノコ、、、笠の直径が17cm程ある
ブナシメジと見たが、、、巨大すぎる気も ( ̄ヘ ̄)ウーン
f0052108_936113.jpg


[本日の軌跡&経過時間]
f0052108_1184068.jpg
f0052108_119170.jpgf0052108_10255441.jpg


[PR]
by loco156-2 | 2013-11-24 22:50 | H25.11 アベ山谷から盆栽平 | Comments(0)
<< 2013/12/15 近江の大... | Top-page | 2013/11/16 大又から... >>