S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(36)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013/12/15 近江の大峰山、、飯道山
太古からの修験場、、、飯道山  (664.2m)
f0052108_1626128.jpg

前回の出撃から3週間ほど間隔が開いた
ネットでは、あちらこちらで冬シーズン到来の情報が、、、

どこかへ出撃せねばとの強迫観念で出かける事にした
行く先は、以前から気になっていた日本コバだ

朝起きると天気は曇り空で、ちょっと気合が乗らない中、家を出る
何時ものように途中でコンビニにより食糧調達、、、

さて、行くか!! っと 思ったが、、、、
地図とGPSを忘れてきたのに気が付いた L(・o・)」 オーマイガ
慌てて取りに帰って、約30分の時間ロス、、、幸先悪し!!

西名阪、地道、R307と辿り、水口から日野グリーンバイパスに入ると、、
何と、雨が降り出し、進む毎に強くなってきた 
日野町辺りまで行ったものの、周囲の山はガスの中で雨は本降り
何だか気合も殺がれて、引き返すことにした ( ´△`) アァ-

少し引き返し、水口市街に来ると、南方の空に青空が見えた
ムムム、、、このまま帰るのも何だかなぁ~ (-_-)ウーム

適当な山が無いかとGPSを見ていると飯道山が目に付いた

この辺を通ると、案内板を良く見かける山で、気にはなっていた
標高はそう無いが、行って見ることにした
f0052108_16265558.gif




[飯道神社 駐車場 9:00]
R307と信楽高原鉄道が並行する辺りで、線路の向に案内板があった
鉄道を渡って案内板を見ると、林道を右へ進むらしいが、通行止めの看板

仕方なく、宮町登山口に向かう、、、
少し道に迷ったが、なんとか飯道神社境内にたどり着いた

神社の境内は土砂崩れの復旧工事のようで、駐車は手前の空地だ

準備をし、9時にやっと歩き出した、、、
家を出てから既に2時間半程経過だ (ーー;)
f0052108_16273543.jpg

飯道神社の鳥居横に神社の案内板が立てられている
其れに依ると、古くからの霊山で、この地方屈指の大寺院だったらしい

後で、調べると、修験者、甲賀忍者の修行の場だったり
山頂には信長も立ったとのいわれも、、、今は静かな寺院史跡のようだ
f0052108_14284781.jpg

山上の社殿迄7丁あるらしい、、、770m?
f0052108_16275913.jpg

鳥居の直ぐ上には白髪神社が祭られている
f0052108_16281088.jpg

参道の横には丁目石が据えられている
f0052108_16292256.jpg

[休憩施設分岐 9:10]
右下に下りて行くと休憩施設に行くようだ
f0052108_16292925.jpg

[地蔵宿 9:19]
5丁目には地蔵宿の標識とお地蔵さんが2体
山上の惣絵図によると、地蔵堂跡のようだが?
f0052108_16293735.jpg

[金亀水 9:22]
石階段の横に、手動ポンプと覆いが掛けられた井戸があった
井戸には雨水の様な余り綺麗には見えない水がたまっている
f0052108_16303990.jpg

[飯道神社鳥居 9:27]
右の石垣の上に覗く巨石には「鏡の大岩」との名が付いている
一説には、鏡部が三上山の方向を向いているらしい(磐座信仰)
又、鳥居の右下には熊野遥拝の標識が立てられていた
f0052108_1630558.jpg

[鳥居諸法石]
鳥居を潜ると左の展望が開け、眼下には信楽の景色が広がる
足元には鳥居諸法石の表示が在る岩、、、諸法石?
f0052108_16333816.jpg

諸法石の右、鏡の大石の中ほどにお馴染みの姿が、、、
f0052108_16334773.jpg

参道を数m行くと飯道山惣絵図の複製が立てられている
かっては、かなりの勢力だった事を忍ばせる大伽藍だ
f0052108_1634358.jpg

[行場分岐]
左に行くと行場(約350m)で、本殿には右の石段を上る
f0052108_16343145.jpg

[飯道神社本殿 9:34]
20m四方程度の境内に、社務所、拝殿、本殿が立っている
本殿は国の指定を受けた重要文化財だそうだ
f0052108_16344935.jpg

本殿の黒塗り(黒檀?)扉と軒下の極彩色の装飾が美しい
f0052108_16355426.jpg

[東の覗き]
本殿裏には巨岩が露出しているので、左から踏み跡を辿る
山頂らしきところに出ると前方に巨岩が横たわる
右の本殿側下に倒れていた案内板には「東ののぞき」、、、
左に立てられている標識には「比叡山遥拝」の文字が、、、
岩の上に登ると三上山方面に展望が得られた
f0052108_163444100.jpg

[弥勒岩]
本殿裏の四個の巨岩は弥勒岩と呼ばれているそうな
岩の間に踏み跡が在るが、今は倒木で塞がれている
f0052108_16351185.jpg

本殿から辿った踏跡を少し戻ると、右にも別れているので行って見た

林の中、薄い踏み跡を辿るが、下っているようなので引き返す
戻る途中、何となく斜面を巻いて行くと、行場の鎖付岩に続く道に出た
[行場一部]
鎖付岩を下ってみたが、その先は良く判らないので引き返す
標識等も見当たらなかったので下調べが必須か?
f0052108_16394756.jpg

[伽藍跡]
鳥居の前の斜面には、大規模な伽藍を忍ばせる石垣が残されている
山頂へは、鳥居を出ると左奥にあるの木段を登る (林道を行っても先で合流) 
f0052108_16402068.jpg

[木食上人入定窟 10:09]
木道を登り終わると、少し先の左に木食上人入定窟があった
建物は未だ新しく、手入れがされている様だ
f0052108_16402219.jpg

[飯道山分岐]
伽藍跡を抜けると林道に合流する
看板の先に少し進むと飯道山山頂への分岐がある
f0052108_16441168.jpg

山頂分岐から先は笹が茂った踏み跡で、途中の四辻には道標があつた
f0052108_16451172.jpg

[飯道山山頂 10:29-10:40]
山頂分岐から15分程で大岩が現れ、それを超えると山頂広場に飛出した
小さな広場の真中に山名標識、ベンチ、読めない案内板が立てられ

左は阿星山へ、右は??、、山頂の標識が読めないので行く先不明
f0052108_16561274.jpg

分岐辺りから曇ってきたが、此処で小雪が降り出し、展望は、、、(>_<)
f0052108_1657151.jpg

[池]
山頂から、来た道を引き返すが、途中左下に池の様なものを発見
もしや、これが飯道山惣絵図に描かれている北池か?
f0052108_1657129.jpg

[堀越林道]
池を確認した後、元の道に戻り、更に下ると、左下に林道が見えた
笹に覆われた斜面を下って林道に出る
f0052108_1702397.jpg

林道を下ってゆくと分岐に差掛る
左に行くと杖の権現休憩所、直進すると信楽鉄道方向か?、、、
f0052108_1716328.jpg

[山伏たちの供養塔]
林道の先が不明なので登り返すと、伽藍跡の横に多数の供養塔が見えた
刻まれた文字から察するに、僧侶か山伏のもののようだ
f0052108_1722341.jpg
 
廃道がこの墓地に繋がっていた気配があった
f0052108_1724226.jpg

背後の斜面が大崩しているが、もしや廃道を示す石塔か?
f0052108_1723880.jpg

[休憩施設への木道]
林道の先は、元来た道を引き返すが、途中の分岐を休憩施設へ向かう
f0052108_173896.jpg

[休憩施設 11:44-12:22]
険しい涸谷を渡るように付けられた立派な木階段だが、、
入口付近で倒木が通せん坊していた、、、手入れされて無いようだ

木階段を下り切ると舗装された林道の終点に降り立つ
その少し先に綺麗なコテージ風休憩施設が立っていた

天気も下り坂の気配なので、此処で昼食休憩をさせてもらう

中に入ると、掃除もされていて綺麗だが、余り使われた雰囲気が無い
f0052108_173612.jpg

[駐車地点 12:27]
30分程度休憩した後、林道を少し下ると、右下に境内が見え、、、
林道分岐の駐車場には5分程度で到着した

何だかあっけない感じ、、、( ̄ヘ ̄)ウーン

此処は事前調査をしておかないと、行くべき所を見過ごしてしまう
次に来る時はもう少し調べて来よう (* ̄0 ̄)/オゥッ!!。、、、来るかな?
f0052108_1731946.jpg


[本日の軌跡&経過時間]
f0052108_16183510.jpg

f0052108_046848.jpgf0052108_1737789.jpg

[PR]
by loco156-2 | 2013-12-17 16:23 | H25.12.15 近江の大峰 飯道山 | Comments(0)
<< 2013/12/23 スノーシ... | Top-page | 2013/11/23 アベ山谷... >>