S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(36)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014/05/3 三度目の 双門コース
みたび 弥山川双門ルートを行く、、、

熊渡~双門滝~狼平~金引尾根~熊渡

幻、、、巌の双門
f0052108_7351260.jpg

昨年、初夏に訪れた双門コース、、、

今回のメンバーは、以前同行のY氏に、新たにA氏を加えて三名だ

前日、河合村役場に1時半頃到着し、夜明けを待った

朝の4時過ぎ、辺りが薄明るくなったのを見計らって熊渡へ移動

5時過ぎにレディー・ゴー、、、、双門コースへの一歩を踏み出した





◆ 熊渡 川迫橋 5:14 ◆
もう、見慣れた橋だが、、、渡る時には毎回ワクワクする
f0052108_7361894.jpg

◆ 林道ゲート ◆
この先には、例の看板と登山届ポスト、、、登山口だ
f0052108_7365442.jpg

もみじイチゴの花が見送ってくれる
f0052108_7372190.jpg

◆ 白川八丁分岐 5:43 ◆
30分程で白川八丁分岐に着く、、、
左折で白川八丁、直進で金引尾根、右折で地蜂尾根取付きだが、、、
今回は林道を左に降って弥山川に向かう
f0052108_7375731.jpg

◆ 白川八丁 5:51 ◆
伏流水となった広い河原を行く、、、残り桜が印象的
f0052108_7393912.jpg

◆ ガマ滝 6:11-6:16 ◆
ガマ滝は落差は無いが綺麗な淵を持つ
この手前で渡渉し、弥山ダムを高巻する
f0052108_7402584.jpg

◆ 釜滝右岸の双門弥山線歩道取り付き ◆
右岸には「双門弥山線歩道」の古い標識が立つ
崖には落下した鉄梯子、その上に新しい鉄梯子が見える
f0052108_7404940.jpg

お馴染みとなった滑り易い木橋と注意事項の標識
「滑りやすい・転落注意・三点支持」、、、ラジャー!
f0052108_7421669.jpg

◆ 弥山ダム突堤 6:24 ◆
「この大峰で事故の無きよう祈る」、、、厳粛に
f0052108_7424533.jpg

滑り易い岩場のトラバース
f0052108_7431582.jpg

パッチが当たった鉄梯子とツツジ
f0052108_7485210.jpg

橋の下をくぐって、、、
f0052108_749843.jpg

◆ 堀新道 ◆
このコースで遭難された、堀靖行氏ご遺族の寄付で整備されたらしい
f0052108_7523485.jpg

◆ 渡渉点 (歩道標柱) 6:46 ◆
「双門弥山線歩道」の標識、、、何時来ても「歩道ねぇ?」だ
f0052108_7525818.jpg

川中にあるカツラの巨木を目指して進むが、、、
此処で痛恨のペットボトル流し、、、必死で追いかけて拾い上げる
C= (-。- ) フゥッ、、、疲れた!!
f0052108_7531866.jpg

◆ 岩のへつり ◆
此処もポイント、、、水量がそんなに無いので問題なし
f0052108_7535229.jpg

使えずの梯子とロープでよじ登る巨岩
f0052108_7542436.jpg

◆ ルート・ミス ◆
一ノ滝手前でルート・ミス、、、本来右に巻く所を左に行っちまった
f0052108_7545526.jpg

◆ 一ノ滝・ニノ滝 7:26-7:32 ◆
相変わらず姿の良い一ノ滝とニノ滝、、、吊り橋を渡ると梯子ゾーン
f0052108_7554758.jpg

この鉄梯子が梯子地獄の始まり、、、
仙人嵓テラス迄、水平距離650mで高度差450mを一気に登る
f0052108_7563652.jpg

この辺りで、一瞬道に迷う、、、良く見れば如何と言う事は無かったが
疲れて注意散漫に為っていたようだ (- .-)ヾ ポリポリ
f0052108_8533895.jpg

◆ 三ノ滝 7:50-7:56 ◆
痩せ尾根にザックをデポって三ノ滝の滝壺へ降る
f0052108_854389.jpg

◆ 岩小屋? ◆
梯子だけじゃなく、岩潜るりも在るでよ
f0052108_8544771.jpg

この辺りから鉄梯子が嫌というほど堪能出来る
f0052108_8552846.jpg

浮き根の痩せ尾根、、、まるで蜘蛛の巣状態のお助けロープ
f0052108_856577.jpg

此れが最長の鉄梯子、、、手にも疲れが ヘ(´o`)ヘ とほほ
f0052108_856285.jpg

直角に曲がる鉄梯子、、、穴がスコスコ (>_<)
f0052108_857675.jpg

梯子の繋ぎに鎖場も、、、
f0052108_8583274.jpg

垂直の鉄梯子、、、纏い振りじゃ無いんだけど
f0052108_859272.jpg

鉄梯子の途中で振り返ると、辿ってきた谷筋と大日山・稲村が岳が (右側)
f0052108_859349.jpg

この鎖場で滑り落ちると、、、、(-∧-)ナムー
f0052108_8595615.jpg

石楠花の群生を乗り越えると、、、
f0052108_903229.jpg

◆ 中剣城P ? 8:44-8:54 ◆
小さな広場に成っているが、視界は限られる
f0052108_911144.jpg

中剣城から木の根が絡まった急斜面を激下り、、、
f0052108_921848.jpg

梯子を下ると、小さな平地に降立つ、、、日陰には残雪だ
f0052108_932822.jpg

◆ 仙人嵓テラス(双門ノ滝) 9:00-9:12 ◆
広場の西側を見ると対岸の岸壁から一条の流れ、、、双門ノ滝だ!!

初めてのA氏はかなり興奮気味、、、高所恐怖症らしいけど
f0052108_94653.jpg

双門ノ滝から、不安定な鎖と一部が壊れた鉄梯子を行く
f0052108_95794.jpg

水平梯子、、、歩き辛い (>_<)
f0052108_954968.jpg

◆ 遭難者のレリーフ 9:25 ◆
「山を愛し、山に眠る」、、、(-∧-)合掌
f0052108_962566.jpg

◆ 巌ノ双門分岐 9:30 ◆
正規のルートは右だが、、、今回は左だ!
f0052108_965545.jpg

小さなケルンと岩に乗った倒木の根が目印
f0052108_971492.jpg

◆ 巌ノ双門 9:50 ◆
目印の右側から、約40m程激降ると見事な双門が現れる
一度は中に入ってみたいが、、、( ̄ヘ ̄)ウーン
f0052108_973189.jpg

巌の双門から登り返してルートに戻る、、、もう一登りでザンキ平の肩だ
右に廃ルートの梯子の残骸が残されている
f0052108_975570.jpg

◆ザンキ平の肩 10:25-10:36 ◆
熊渡から5時間超、、、核心部を抜けだした
此処からは、一旦弥山川へ急降下する
f0052108_984753.jpg

双門ノ滝を狙う猛者は、この斜面からアプローチするらしい
f0052108_991155.jpg

ザレた急斜面の激下り、、、雨だと更に危険が増す
f0052108_992647.jpg

狭い谷を下ると「双門弥山線歩道」の標識、、、これを左折する
この辺りにも、未だ残雪が少し残っている
f0052108_9102814.jpg

◆三鈷の滝 ◆
木々の間から三鈷ノ滝が覗く
f0052108_9534725.jpg

一旦川床へ降立つ、、、弥山ブルーが美しい
此処から川に沿って右岸を巻き上がる
f0052108_9575221.jpg

荒れた小谷と鉄梯子
f0052108_11521119.jpg

此処から高巻か?
f0052108_11523878.jpg

ルート途中で見つけたバイカオウレン
f0052108_1152559.jpg

◆ 弥山川川床(ナベの耳分岐) 11:44-12:17 ◆
弥山川の川床に再度降立つ
丁度対岸にはナベの耳へのルートの取り付きがある
廃ルートだが、以前通った事が在る…貴重なエスケープ・ルートだ

此処で30分弱、昼食休憩とする、、、天候も良くて絶好のハイク日和だ
f0052108_11532671.jpg

◆ 河原小屋跡 12:22 ◆
ナベの耳分岐から5分ほど弥山川を遡上…基本右岸沿い
右岸の川岸が大きくえぐれ、左岸が大きく崩れ落ちた地点に出る
かって右岸は平坦地で、河原小屋が立っていたらしい、、、今や見る影無し
f0052108_1158569.jpg

崩壊地点を右岸の高撒きで通過し再度川床に出る
川は伏流しており、少し上流左岸に鉄梯子が付けられている
f0052108_11585988.jpg

この辺りから、渡渉に次ぐ渡渉だ
f0052108_11593551.jpg

此処は左岸を巻くが、、、残雪がある
f0052108_11595864.jpg

踏み抜きに注意!!
f0052108_1202548.jpg

左岸から渡渉後、右岸を高撒く
f0052108_1204647.jpg

鉄梯子の下は亀型の残雪
f0052108_12114100.jpg

此処も左岸から渡渉後右岸高撒き
f0052108_121474.jpg

左岸に石のケルンと鉄杭
f0052108_1221280.jpg

此処も左岸から渡渉後、右岸の凹部をへっつて行く
f0052108_122395.jpg

ジャンプ 一番!!、、、((o(^-^)o))わくわく
f0052108_1233323.jpg

◆ 樋の谷出合 13:28 ◆
今日は水量が在るので鉄杭を伝って右折
f0052108_1235458.jpg

此処も残雪が残る、、、踏み抜き中注意!!
f0052108_124177.jpg

◆ 空中ブランコ ◆
此処のハイライトの一つ!!、、、千丈嵓に架けられたオーバーハングの鎖梯子
f0052108_1244469.jpg

◆ 空中回廊 ◆
ハイライトその2!!、、、岩壁に打ち込まれた鉄杭のルート
f0052108_125219.jpg

足元に咲くオオミネコザクラ (絶滅危惧種)
f0052108_1253920.jpg

左には残雪と聖門ノ滝
f0052108_1293999.jpg

聖門ノ滝左岸廊下、、、草木に隠れているが左は絶壁
f0052108_12103763.jpg

聖門ノ滝左岸廊下を登りきると緩やかな流れの渡渉だ
f0052108_12114950.jpg

この標識を過ぎると狼平は指呼の先
f0052108_12122935.jpg

◆ 狼平 14:14-14:43 ◆
ナベの耳分岐より約二時間、、、やっと狼平だ
避難小屋には既に数人が入っておられ、周囲にテントが数張り、、、
f0052108_12125362.jpg

麗らかな日差しの中で一休み、、、(-.-) Zzzzz・・・・
f0052108_12132199.jpg

此処でノンビリとしていたい所だが、、、14:30だ 降るか!

当初の野望では、弥山・明星ヶ岳を巡る予定だったが、、、
足が遅すぎ、、、修行が足りませんでした ( ´△`) アァ-
f0052108_1214096.jpg

狼平から高崎横手へは苔生した趣のあるトラバース道が続く
f0052108_12141637.jpg

途中、右手の視界が開けると、修覆山から迷い岳の稜線か?
f0052108_12144645.jpg

◆ 高崎横手 15:00 ◆
30分程で三叉路に出合う、、、高崎横手だ
左折すると日裏山から明星ケ岳、金引尾根へは右折する
f0052108_12184736.jpg

プロムナード的な道が続く、、、頂仙岳を巻き巻き中
f0052108_1219351.jpg

◆ 金引尾根分岐 15:51-15:58 ◆
ナメリ坂を降ると、綺麗なブナ林の広尾根に出る、、、金引尾根分岐だ

此処を右折するが、踏跡が薄く迷い易いのか、彼方此方に標識がある
直進のピークを越えると天女の舞と呼ばれる所らしいが、、、又の機会に
f0052108_1220778.jpg

右が切れ落ちた尾根を降って行くと、その内植林帯の尾根となる
f0052108_12204162.jpg

P1050辺りで、尾根芯から外れて薄暗い杉林のトラバース道に入る
f0052108_1221069.jpg

◆ 林道う分岐 16:46 ◆
植林帯のジグザグ道を15分程駆け下り、、、
前方が少し明るくなると、林道終点に飛び出した、、、(;´・`)> ふぅ

此処から熊渡迄は林道歩きだ、、、意外と長く感じるんだよね
f0052108_12212215.jpg

◆白川八丁分岐 16:49 ◆
金引橋から5分程で白川八丁分岐を通過、、、此れで一周だ
f0052108_12214287.jpg

カエルに似た落石、、、よぉおカエル!! なんちて
f0052108_12224669.jpg

◆ 登山届ポスト 17:12 ◆
約12時間ぶりに戻って来ましたよ、、、d=(^o^)=b イエイ
f0052108_12232062.jpg

相変わらずハードなコースだが、、、面白い!!
Aさん、初めての弥山・双門コース、堪能して頂けたかな (^。^)y-.。o○

又、大峰で遊びましょうね!! (^-^)V イエー


【本日の軌跡と経過時間】
f0052108_1143211.jpg
f0052108_1144497.jpg
f0052108_1243127.jpg

[PR]
by loco156-2 | 2014-05-05 23:44 | H26.05 弥山・双門コース | Comments(0)
<< 2014/05/06 金剛山 山降り | Top-page | 2014/3/29 恒例、藤原... >>