S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(36)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2015/10/31 定例、秋の木屋谷周辺徘徊
ヤシオ尾根から木梶山
f0052108_21575161.jpg

この時期に為ると、故郷に帰郷じゃないが、この界隈を徘徊するのが定例

今年も、空き時間と天気を睨んで、紅葉狙いで木梶林道から入山した
f0052108_18231681.gif





[鳴滝駐車場 7:00]
鳴滝展望広場迄車でスンナリと入れ、他に車は無かった
少し曇っており、紅葉も今一つ輝きが無い
f0052108_20251311.jpg

地蔵谷出合への道すがら、、、見応えのある紅葉があった
赤と黄の紅葉、水の流れと落葉が積もった白い岩、、、一幅の絵だ
f0052108_2025258.jpg

[地蔵谷出合 7:24]
地蔵谷出合辺りも紅葉しているが、、、曇り空では(>_<)
f0052108_20254568.jpg

[ゼエノ谷分岐 7:37]
駐車地点より40分弱でゼエノ谷出合に出る

此処を左に行くとゼエノ谷、右に行くと木原谷、、、
今日は真ん中のヤシオ尾根を登る
f0052108_20255318.jpg

Ca1100辺り迄、ゼイノ谷側は見事な紅葉(黄葉?)が続く
f0052108_2026897.jpg

[P1200 8:22]
最初のピークP1200辺りから紅葉は無く、既に落葉している
f0052108_20261696.jpg

[P1240 8:34]
P1240辺りから馬駆ケ場のP1316を望む、、、ほぼ冬支度の雰囲気
f0052108_20262438.jpg

馬駆ケ場直下の笹原より木梶山方面を見る
上部の紅葉は既に終わっているようだ、、、
二週間前の日本コバは早すぎたが、此処は遅すぎたか!
f0052108_11183394.jpg

[木梶馬駆ケ場 8:51]
駐車地より1時間50分程で馬駆ケ場の稜線に乗った
辺りは静寂に包まれて、静かに冬の訪れを待っている
f0052108_20263749.jpg

お気に入りのブナの大木、、、雪に負けるなよ!!
f0052108_20264472.jpg

[木梶山分岐 8:59]
馬駆ケ場から東に少し進むと広場の真ん中に境界杭が有る
此処を左折すると木梶山、直進すると千秋林道終点に繋がる
付近の木立に、ステンぽい金属に木梶山と矢印が彫られたプレートが付いている
f0052108_20265140.jpg

[木屋谷降下点 9:06]
千秋林道を少し下ると、右手に木屋谷への降下点がある
入口には小さなケルンと赤テープが付けられていたが、、、
その先の踏み跡は、落葉に覆われて定かではない
f0052108_21103398.jpg

[木梶山ステンレス?標識]
降下点から少し左寄りに進み、尾根を忠実に降る
Ca1230辺りで、木梶山分岐で見た金属標識と同じものが地面に倒れていた
その先には、熊檻が、、、かってはこの辺りに登山ルートが在ったか?
f0052108_21104112.jpg

この辺りから左に進むと千秋林道の道子碑に繋がるルートに出るはず
f0052108_21105672.jpg

この辺りの紅葉は見応えがあった、、、今日一番かもしれない
f0052108_21111328.jpg

[旧登山道テープ]
左寄りの尾根を降って行くと、Ca1113辺りで古い登山道のテープがあった
かって此処を登った時に、痩せ尾根を通過したことを思い出した
f0052108_2111228.jpg

[古い赤テープ]
Ca1060辺りで、古い赤テープを発見、、、
此のまま左寄りに降って行けば美智子碑へ出てしまうので、、、
この辺りで木屋谷への降下ルートを探る
f0052108_21113048.jpg

[木屋谷降下点]
そのまま尾根を直進すると、木屋谷直前に激傾斜面が出没!!
なやんだ挙句、激斜面を木や石に捕まりながら何とか降下した、、、
オデーカン様が一緒でなかったから良かったものの、、、 (>人<;)クワバラ!クワバラ!
f0052108_21113951.jpg

[鉄砲谷右岸尾根取付 10:07]
鉄砲谷に出る事も考えたが、どのみち高巻する必要がありそうなので、、、
右岸尾根に取付き、水無北東尾根に向かう事にする
f0052108_21114834.jpg

[水無北東尾根出合 10:48]
木屋谷から地蔵谷の右尾根をヒイコラ40分程もがくと、、、
水無北東尾根のCA1190辺りに乗った、、、「有用広葉樹母樹林」の看板辺り
f0052108_2112584.jpg

尾根を少し登ると、お馴染のリョウブ木、、、
おっ! タバコをふかしてら、、、
以前おいらも咥えさせたよなぁ ジィー(-_-)…
f0052108_21121473.jpg

[水無・国見トラバース]
Ca1250辺りから尾根を外れ、盆栽平へ向かう
この辺りも、視線を木屋谷側に向ければ、紅葉最後の見頃か
f0052108_21122870.jpg

[盆栽平 12:27-13:27]
盆栽平は倒木が増え大木の墓場状態、以前のような趣は無くなった
此処で、昼食休憩とし、1時間程マッタリと過ごす
この間、誰にも合わず、平を独り占めだった  (^ー^)v
f0052108_21124324.jpg

時間も1時半を過ぎたので、ワインで重くなった腰を上げ、国見馬駆ケ場を目指す
このトラバースも中々の景色、、、視線の先には辿って来た尾根が延びる
f0052108_21125315.jpg

[国見馬駆ケ場 14:22]
振返ると国見山から水無山の連なり、眼下には木梶谷…もう冬だなぁ
f0052108_2113039.jpg

[赤ゾレ池 14:43]
馬駆ケ場から馬駆ケ辻を左に取って、降って行くと赤ゾレ池の端に出る
池では、一人の男性が池に映る風景でも撮っているようだった
f0052108_2113828.jpg

[P1176 15:14]
赤ゾレ池から巻道に入り、P1176尾根を降る
P1176に出ると、シンボルのサルノコシカケが無くなっていた (-_-;)
f0052108_21131956.jpg

この尾根も、降るにつれて紅葉が増え、時々西日に照らされて輝く
やっぱり、降ると晴れるの原則から逃れられていない ( ̄ヘ ̄)ウーン
f0052108_21133149.jpg
f0052108_21134375.jpg

Ca1066辺りの台地では、見事に朱に染まっていた
此処からルートを外れて地蔵谷に降る
f0052108_1642883.jpg

[地蔵谷右岸踏跡出合 15:34]
最後はかなりの急斜面を木に掴りながら降ると、、、
薄い踏み跡らしい所に降立ったが直ぐに消滅、、、仕方なく地蔵谷に降りる
f0052108_21135456.jpg

[水平道取付 15:49]
地蔵谷の右岸を水平道への取付きを探しながら降る
其れらしい感じの所を少し登ると、水平道の終端付近に登り付いた
f0052108_2114062.jpg

[木梶川渡渉 15:58]
水平道を少し行くと地蔵谷出合となるが、渡渉点が無い
以前テープが在ったであろう地点も不明となっていたので、、、
少し行きすぎるが、奥の渡渉点で木梶川を渡り、林道に出た
f0052108_21141663.jpg

[鳴滝駐車地 16:18]
渡渉後、林道周辺の紅葉を眺めながら20分程歩くと鳴滝駐車地に戻り付いた
朝には無かった、登山者らしいワゴン車が一台駐車していた
f0052108_21142336.jpg

今日も楽しく遊ばせて頂いた、、、O(-人-)O アリガタヤ・・


[本日の軌跡&経過時間]
f0052108_9195786.jpg
f0052108_9201110.jpgf0052108_921484.jpg


お山の恵み 有難う!!
今の所、体調に変化なし d=(^o^)=b イエイ
f0052108_1742523.jpg

[PR]
by loco156-2 | 2015-10-31 23:17 | H27.10 木屋谷周辺 | Comments(0)
<< 2015/11/21 鈴鹿中北... | Top-page | 2015/10/18 一年振り... >>