S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(36)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016/06/04 鉄山から弥山・八経…モノレール道降下
鉄山、弥山、八経ヶ岳

大川口から登り、モノレール・ルートを降る
f0052108_0305925.jpg

以前から後輩のY氏と約束していた弥山・八経が岳に出かけた
登りは、以前辿った大川口から鉄山経由とし、
降りはお初のモノレール・ルートとした、、、ルートと言えるかどうか?
Y氏は双門コースを以前に歩いているが、弥山・八経ヶ岳は初めてだ

前日3日に川合村役場の駐車場で前泊、翌日5時過ぎに大川口に移動
神童子谷入口の登山届けポストの後ろに駐車した
f0052108_0321425.gif




[神童子谷入口駐車地点 5:47]
駐車地点に到着した時は、車が一台駐車していたが、、、
登山者が大川口の橋を渡って戻って来られ、帰って行かれた
こんな早朝?、、、小屋にでも前泊されたのかな?
f0052108_0323236.jpg

この橋を渡った右が登山口だ
f0052108_0324149.jpg

[大川口登山口 5:48]
f0052108_0324845.jpg

最初から急登が始まる
f0052108_0325774.jpg
f0052108_033594.jpg

Ca1175辺り、、、振返るとバリゴヤの頭、稲村ヶ岳か?
f0052108_0331199.jpg

根っ子の道が現れだす
f0052108_03319100.jpg

岩尾根もあるでよ (^^♪
f0052108_0332697.jpg

[ザンゲ平 7:42]
急登を2時間弱こなすと、草付きの緩斜面に出る
此処が展望台地、別名ザンゲ平と呼ばれる所で、、、
左には弥山の稜線、右後方にはバリゴヤの頭、大普賢岳、行者還岳等の連なり
f0052108_0333695.jpg

行く先目前にあるのは鉄山ニセピーか? 
f0052108_0334383.jpg

この先も、急登、岩尾根、根っ子道、、、四輪駆動全開
f0052108_0335064.jpg

一旦降って、鉄山手前の鞍部に降立つ、、、が この後も (´ヘ`;)ハァ
f0052108_0335929.jpg

やっぱり急登が、、、しかも鎖付きもあります
f0052108_034591.jpg

[鉄山(1563m) 8:12]
鎖のヤセ尾根を登り返すと、やっと鉄山頂上到着だ o(~○~;)o ヒ-ヒーハーハー
f0052108_0341253.jpg

展望は片側だけだが、川迫川から山上ヶ岳、稲村ヶ岳、バリゴヤの頭等、、
f0052108_0342535.jpg

又々岩尾根、根っ子道を50mほど激下り、小さなピークを超えて行く
f0052108_0343710.jpg

[鉄山平 8:86-9:00]
劇降りの後は、草付の斜面となり、少し登って振返ると、、、
鉄山を中心とした大峰曼荼羅図(自称)が広がる
遠くから、ザーンゲ、ザンゲ、ロッコンショウジョ、、、聞えて来そうだ
f0052108_0344399.jpg

しばらくはゆるい勾配の斜面を登る
次第に尾根の幅が広くなり、かって道迷いが心配されたが、、、
道案内のテープが煩いほど付いている
f0052108_9193053.jpg

[修覆山(1846m) 9:51]
緩い斜面の樹林帯の途中、ピークらしい所の少し左に修覆山の標識があった
f0052108_0345534.jpg

この辺りから倒木帯に入るが、テープも沢山あり拍子抜け、、、
以前来たときは案内もなく、倒木も多かった気がする

倒木帯はすんなり抜けたが、ネットフェンスに突き当たり右往左往、、、
右に行くと鍵付の扉があり、開いていたがフェンスが伸びている
しかたなく、左へ回り込んで行くと、弥山小屋の裏に出た
f0052108_03753100.jpg

[弥山 10:35-11:20]
弥山小屋のベンチにザックを置いて弥山神社に詣でる
神社参拝を終えた後、弥山小屋に戻って昼食休憩とした
f0052108_038859.jpg

休憩の後、八経が岳に向う、、、
一旦降って少し登り返した所に、五十三靡の頂仙岳遥拝所がある
f0052108_21465675.jpg

大山蓮華保護地入口ゲート、、、シーズン前なので登山者は少なかった
f0052108_2147886.jpg

[弥山 11:55-12:07]
大山蓮華群生地から20分程度で八経が岳山頂に到着
残念ながら雲に覆われ自慢の展望は叶わなかった
f0052108_21472546.jpg

[弥山小屋 12:36-12:48]
雲も取れそうに無いので、八経が岳山頂からそそくさと引返す
弥山小屋迄戻ると、登山者が結構休憩されていた
f0052108_21473466.jpg

[弥山小屋モノレール口 12:52]
少し休憩した後、弥山小屋の裏に回ってモノレール出発点に向う
これから辿るモノレール・ルートは今回の目的の一つでもある
f0052108_21474289.jpg

モノレールに沿って降って行くが、急斜面のトラバースや直降が続く
たまに視界は開けるが、大部分は樹林帯を抜けて行く
f0052108_2148467.jpg

かなりな急斜面に付けられた退避ルート、、、この辺歩き難かった
f0052108_21481373.jpg

急斜面のルートをレールに掴まりながらこなすと崖下の痩せ尾根に出た
f0052108_21482234.jpg

少し降った所から谷越しに、登りに歩いてきた鉄山が、、、
f0052108_21482936.jpg

見晴らしは殆ど無く、只ひたすらモノレールに沿って降る
f0052108_21491085.jpg

最後は、モノレールが谷側を下るので、尾根の踏み跡を辿るが、、、
結局、モノレールの降った直ぐ横の斜面から降りてきた
f0052108_21491868.jpg

[モノレール小屋 15:32]
目の前には国道309、、、苦手な舗装道歩きが待っている
f0052108_2149264.jpg

[大川口駐車場 16:09]
舗装道路をチンタラ歩いて約30分、、、大川口の駐車地点にたどり着いた
f0052108_21493549.jpg

モノレール・ルート、、、強いて再度行く気にはならないな

◇◇◇

【本日の軌跡 & 経過時間】
f0052108_22511785.jpg

f0052108_22342366.jpg
f0052108_22471464.jpg

[PR]
by loco156-2 | 2016-06-07 00:20 | H28.06 鉄山.弥山 | Comments(0)
<< 2016/06/11 釈迦ヶ岳... | Top-page | 2016/06/03 秘密の花... >>