気ままな山歩の記録
by loco156-2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
(36)
(27)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016/12/10 鈴鹿北部の展望台 天狗堂&サンヤリ
丁字尾根後部…天狗堂とサンヤリ (御池岳 天狗の鼻より)
f0052108_037458.jpg
以前、御池岳で西方を眺めると、ピラミダルな形の山が目に入った
調べて見ると天狗堂とサンヤリと言う名の山だった

ここから展望は、御池岳のテーブルランドが目前に迫り、、、
藤原岳、銚子岳、静ヶ岳の山並みが一望出来るらしい

登山口は木地師の里と呼ばれる君ヶ畑からで、
大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)横から登り、、、
御池林道の岩尾谷出合に降るルートを歩くことにした

f0052108_1213032.gif




[君ヶ畑ミニ展示場駐車場 9:04]
家から2時間弱で君ヶ畑に到着、ミニ展示場駐車場に停めさせて頂く
f0052108_12145453.jpg

[大皇器地祖神社参道]
ミニ展示場から少し先の分岐を左折して登って行く
入口右に大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)への標識が立っている
f0052108_1215219.jpg

[大皇器地祖神社 9:10]
大皇器地祖神社は、木地師の祖神、惟喬親王を祭る
f0052108_1215845.jpg

[社務所裏登山口 9:12]
鈴鹿10座の目印、飛び出し坊やが立つ
ここからいきなり急登が始まる
簡易水道施設までは、崩れかけた階段を登ってゆく
f0052108_12152117.jpg

[簡易水道施設 9:15]
此処で傾斜が緩むが、その先は再度急登が始まる
f0052108_12154874.jpg

急登に立つ文字が消えている標識
f0052108_1215565.jpg

[レスキューポイント 9:45]
周囲が少し開けた所にレスキューポイントの標識が立つ
f0052108_121678.jpg

[天狗堂南西尾根出合 9:52]
登山口から40分程で南西尾根に乗る、、、此処を右折する
f0052108_12161555.jpg

[林道出合 9:56]
尾根を少し進むと左から林道が合流してくる
f0052108_12162221.jpg

[P730 峰 10:08]
此処を右折、、、前方には天狗堂か?
f0052108_12162782.jpg
此の辺りからは植林と自然林の境目を進む、、、前方に天狗堂
f0052108_12163815.jpg

[頂上直下岩場 10:47]
一旦傾斜が緩むが、再度急登に変わると露岩が出てくる
露岩帯の急登を進んでゆくと、岩が壁の様に立ちはだかる
f0052108_12164859.jpg

左から巻きあがると、危険立入禁止のテープが張られていた
此処は慎重に跨いで通過
f0052108_12165622.jpg

此の辺りから所々で雪が見え出す、、、おいらの初雪だ
f0052108_12175253.jpg

[天狗堂 11:00]
登山口から2時間弱で山頂に到着
f0052108_12181828.jpg

御池林道への消えかけた標識があるが、岩尾谷ルートの案内か?
f0052108_12182460.jpg

山頂は灌木で展望が良くないので展望岩に向かう
f0052108_12183187.jpg

[展望岩 11:09-11:18]
展望岩の上は狭くて足元注意だが、展望は抜群だ
f0052108_12183975.jpg

左から御池、藤原、静ヶ岳の連なり
f0052108_12185158.jpg

サンヤリへは、展望岩の左に降る
f0052108_1219581.jpg

[サンヤリへの稜線]
展望岩から降ると、ブナが多い緩やかな尾根となる
f0052108_12191253.jpg

f0052108_12192592.jpg

振返ると天狗堂の鋭鋒
f0052108_12193620.jpg
二次林から植林帯に変わるとルートは少し右に折れる
f0052108_12194348.jpg

[レスキューポイント 12:06]
シャクナゲが蔓延るレスキューポイント
f0052108_12201100.jpg

レスキューポイントのすぐ先から覗くはサンヤリか?
f0052108_12201072.jpg

振返ると藤原岳、静ヶ岳の稜線
f0052108_12201887.jpg

[サンヤリ(仏供さん山) 12:18-12:22]
急登を登りきるとサンヤリ山頂(958m)、、、展望は 東側に限られる
f0052108_12205343.jpg

[P926 12:26]
サンヤリ東端からの展望、、、本日は此処までで引き返す
f0052108_1221039.jpg

[サンヤリ直下P915付近 12:34-13:31]
サンヤリから少し引き返した所で昼食休憩
メニューはこの時期定番の、現調ナメコ入り鍋焼きうどんだ
f0052108_1221790.jpg

[P924付近 13:44-14:25]
又もや取り頃のナメコ発見、、、ついつい採取
f0052108_12211667.jpg

[展望岩直下 14:43]
展望岩直下は結構急な岩場だ
f0052108_12214171.jpg

[岩尾谷ルート分岐 14:52]
君ヶ畑ルートと岩尾谷ルートの分岐と思ったが、、、
分岐は山頂にあった御池林道の標識が正解らしく、左にトラバース
f0052108_12255060.jpg

此処の上部が岩尾谷ルートへの降下点の様だ
f0052108_122625.jpg

[岩尾谷ルート]
少し下には石室?があり、左横を降下
f0052108_1226938.jpg

明るい雑木林の急斜面を、立木を頼りに降ってゆく
f0052108_12261881.jpg

途中からが植林帯に変わる
f0052108_12262759.jpg

[P826辺り]
此の辺りで少し左に進路変更
f0052108_12263543.jpg

[P660辺り]
此処も左折するが、、、前方に赤テープが見えたので直進しそうになった
f0052108_12264478.jpg

[岩尾谷出合 15:30]
岩尾谷ルートに入って40分足らずで岩尾谷に降下
此処からは谷沿いの緩やかな道となる
f0052108_12265121.jpg

[御池林道出合 15:38]
谷を降り、伐採した木材を下すロープウエーの横に出ると林道は目前だ
f0052108_12265923.jpg

[君ヶ畑ミニ展示場駐車場 16:04]
岩尾谷登山口から20分程林道を歩いて、出発点に無事到着した
f0052108_1227530.jpg

今年は今回の山行が登り納め、、、
さて 来年は何処に行けるか、、、。('-'。)(。'-')。ワクワク
f0052108_12271492.jpg
f0052108_12273989.jpgf0052108_12315654.jpg
[PR]
by loco156-2 | 2016-12-15 11:55 | H28.12 天狗堂・サンヤリ | Comments(0)
<< 2017/01/10 H2... | Top-page | 2016/11/16 鈴鹿北部... >>