S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
(36)
(28)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(16)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
検索
お友達の輪
最新のコメント
その節は、どうもありがと..
by 同行者Aより… at 00:33
落第忍者>流石、ご存知で..
by loco156-2 at 22:26
そこも見つけましたか? ..
by 落第忍者 at 18:38
落第忍者さん> 'O'*..
by loco156-2 at 00:19
27日、28日、2日と3..
by 落第忍者 at 18:48
これに懲りずに、山歩きも..
by loco156-2 at 19:11
このたび、色々本当にお世..
by ちょう at 17:08
落第忍者さん>有難うござ..
by loco156-2 at 09:40
目的は達成されたようですね。
by 落第忍者 at 05:58
落第忍者さん、こちらこそ..
by loco156-2 at 23:27
locoさん、先ほどはど..
by 落第忍者 at 14:23
ルネオバさん>お久しぶり..
by loco156 at 11:01
いつも読み逃げばかりです..
by ルネオバ at 11:48
>ルネオバさんオメデトウ..
by loco156-2 at 09:43
いつも読み逃げでスミマセ..
by ルネオバ at 13:32
>ルネオバさん 触りだ..
by loco156 at 20:58
あ~・・・ やっぱり行..
by ルネオバ at 22:22
>ルネオバさん そうで..
by loco156 at 10:00
>クマさん オデーカン..
by loco156 at 09:29
オ、オデーカン様が、山ス..
by ルネオバ at 08:53
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018/05/21 湖南アルプス縦走
ご当地アルプス その2
湖南アルプス周回
(堂山・太神山・矢筈ヶ岳・笹間ヶ岳)

f0052108_10033390.jpg


ご当地アルプス 第二段弾!! (^o^)v
先日行った金勝アルプスの近くに湖南アルプスがある

此処も、低山にも拘らず、アルペン的な景観が味わえるらしい
今回のルートは、堂山・太神山・矢筈ヶ岳・笹間ヶ岳周回とした

家を朝6時に出発、伊賀、信楽を経て現地付近に7時頃到着
駐車地点を探して、田上公園辺をウロウロ、、、
結局、富川道分岐横の2~3台駐車できる道端に駐車する
準備をして、7時半に ”Ready go!!”
f0052108_171162.gif




◆ 富川道分岐脇駐車地 7:33 ◆
最初の堂山への取付きは、少し引き返した所だ
f0052108_23395946.jpg
引き返すと、川側の空地でトランペット練習をする女性を発見
後で判ったが、ここを天神川に下ると渡渉地点があるらしい
f0052108_23400242.jpg
◆ 天神川1号堰堤 7:49 ◆
5分程引き返し、渡渉予定の第1堰提に来たが、、、
渡渉地点が不明な為、副堰提を通って対岸に渡る
f0052108_23400915.jpg
左岸に渡ったが、、、その先のルートが定かではない
微かな踏み跡らしい痕跡を登る事にする
f0052108_23493444.jpg
◆ P229 8:13 ◆
羊歯に覆われた、痕跡を右往左往、、、
渡渉から25分程掛かって、小ピークに出る
f0052108_23511031.jpg
山頂からは、堂山の姿が、、、(◎_◎;) おっ! 遠いぞ
f0052108_23511466.jpg
この先は藪漕ぎならぬ羊歯漕ぎで谷に向かう
f0052108_23511838.jpg
◆ 天神川渓谷出合 8:43 ◆
崖に出たが少し迂回し、無事谷に降り立っ
渡渉すると、本来の登山ルートに合流した
f0052108_00175220.jpg
少しの間渓谷沿いに登って行く
f0052108_00182186.jpg
◆ 4号堰提 8:53 ◆
渡渉後10分程で4号堰提に到着
左岸に渡り、尾根に取り付く
f0052108_00185233.jpg
少し登ると視界が開け笠間ケ岳が覗ける
f0052108_00194853.jpg
尾根に乗ると一気に視界が広がり、、、
大津市街地、琵琶湖、比叡山の山々が一望
f0052108_00201857.jpg
◆ 堂山(西峰 384m) 9:30-9:36 ◆
出発してから約二時間、堂山西峰に到着した
ルートミスで、予定より1時間強の遅れだ (-_-;)
岩に囲まれた山頂には「三級水準点」が埋められていた
f0052108_00204851.jpg
山頂から鎧ダム・堂山分岐に向かう、、、
一旦鞍部に下るが、ロープが設置されている
見上げると、サル顔の岩が (^◇^ ;) ほぇ~
f0052108_22312961.jpg
ロープはかなり傷んでいる様に見えた
f0052108_22313238.jpg
一旦鞍部に降りて登り返すと中峰だ
サル面岩の堂山(西峰)を振り返る
f0052108_23311909.jpg
堂山中峯から堂山(東峰)を望む
f0052108_10115610.jpg
堂山東峰から堂山(中峰)を望む
f0052108_10171047.jpg
尾根は奇岩が続く
f0052108_22315947.jpg
ここもロープが在るが、頼り無さそうだ
f0052108_22320222.jpg
新免分岐手前で来た道を振り返る
f0052108_22320859.jpg
◆ 新免分岐 10:09 ◆
左から新免ルートが合流、鎧ダムへは右折する
f0052108_22324123.jpg
◆ 尾根ルート出合 10:17 ◆
新免分岐から数分で大津高校設置の標識があり、、、
右からの道は尾根ルートが合流か?
鎧ダムへは左折して、樹林帯を下って行く
f0052108_22325491.jpg
5分程下ると沢?に降り立つ
f0052108_22333406.jpg
◆ 阿弥陀河原 10:31 ◆
沢をしばらく歩くと阿弥陀河原と呼ばれる湖内に出る
地図では湖となっているが、堆積砂原だ
f0052108_22334634.jpg
◆ 鎧堰提 10:35 ◆
砂に覆われた湖底を暫く歩くと二重の堰提に出る
手前の堰提が鎧ダムで、その前は新鎧ダムだそうだ
f0052108_22340315.jpg
新鎧ダムの上は通路になっていた
今回はダム横を通り、沢に降りたが、、、
ルートは新鎧ダムの通路を通るのかな?
f0052108_22340602.jpg
沢を少し下ると、ルートが横切っていた
f0052108_22343137.jpg
無名の小滝
f0052108_22343441.jpg
◆ 迎不動堰提 10:56 ◆
鎧ダムより25分程度で迎不動堰提を通過
f0052108_22345151.jpg
◆ 林道出合(迎不動) 10:59 ◆
堰提の横を通り抜けると林道出合だ
林道へは飛び石伝いに渡渉する、、、
増水時は、渡るなと言う事かな?
f0052108_22350933.jpg
林道を右に少し行くと迎不動がある
不動寺へは此処を左折する
f0052108_22351186.jpg
林道を少し行くと石仏が現れ、その先には車止めがある
太神山ピストンなら、此処まで車で入れそうだ
f0052108_22353278.jpg
◆ 不動寺登山口 11:11 ◆
鎧ダム分岐から10分程歩くと不動寺への分岐だ
此処を左折し、トラバース道を行く
f0052108_22353586.jpg
不動橋を渡る
f0052108_22360151.jpg
太神山迄、概ね整備された参道だが、、、
この辺りから少しの間山道となる
f0052108_22360515.jpg
◆ 中不動 11:31 ◆
登山口から20分程で中不動
f0052108_22360857.jpg
途中で見かけた祭壇、、、
何をお祭りしているのかな?
f0052108_22363100.jpg
◆ 泣不動 11:49 ◆
泣不動の前にやって来た
大きな岩をくり抜いて、安置されている泣不動
近寄ってみると、確かに泣いている様に見える
f0052108_22363408.jpg
◆ 矢筈ケ岳分岐 11:53 ◆
泣不動から5分弱で矢筈ヶ岳分岐、、、
帰りは此処から矢筈ヶ岳に向かう予定
f0052108_22370218.jpg
◆ 二尊門 12:02 ◆
更に5分程行くと木の鳥居の二尊門に着く
両側に立つ石像はこんがら、せいたか童子だそうだ
f0052108_22370876.jpg
途中にあるお地蔵さま
f0052108_22371128.jpg
◆ 不動寺 12:13 ◆
登山口から約1時間で不動寺に到着f0052108_22382918.jpg
境内奥の広場には不動明王像と縁結び守護神が立つ
本堂、奥の院、太神山山頂へは左の石段を登る
f0052108_22383179.jpg
f0052108_22383378.jpg
巨岩に寄りかかる様に建てられた本堂
f0052108_22384389.jpg
本堂の少し上にある胎内潜り岩
f0052108_22391991.jpg
◆ 太神山 12:27-13:00 ◆
本堂から少し登ると小さな広場に出る
奥には不動寺奥の院、左に太神山山頂
山頂には太神山二等三角点 599.7mがある
f0052108_22392648.jpg
◆ 矢筈ケ岳分岐 13:20 ◆
山頂で30分程昼食休憩を取り、引き返す
途中の矢筈ヶ岳分岐を左に取とる
f0052108_22393624.jpg
ここは道を左にとる
f0052108_22404511.jpg
◆ 本願谷分岐 13:43 ◆
この先の本願谷は通行禁止、、、左折する
f0052108_22404725.jpg
◆ 出合峠 13:54 ◆
此処から矢筈ケ岳へピストンする
f0052108_22445791.jpg
結構険しい道が続く
f0052108_22450005.jpg
◆ 矢筈ケ岳 14:07 ◆
双耳峰なので、この先に西峰があるらしいが、、、
時間がないので此処で引き返す
f0052108_22450813.jpg
◆ 出合峠 14:15 ◆
再度出合峠に降り立ち、杖(石倉峠)方向に下る
f0052108_22525630.jpg
此処は右折、、、左折すると矢筈ケ岳か?
f0052108_22525908.jpg
此処は左折する
f0052108_22551012.jpg
◆ 石倉峠 14:50 ◆
出合峠から35分程で谷に降り立つ
此処が石倉峠で、笹間ケ岳は左折する
f0052108_22552451.jpg
少し登ると沢沿いになり、その先に溜池がある
f0052108_22552994.jpg
◆ 大谷河原 15:05 ◆
石倉峠より15分程で大谷河原だ、、、此処を右折する
f0052108_13282726.jpg
此処から暫くは山道の登りだ
f0052108_22555936.jpg
◆ 林道出合 15:28 ◆
大河原より山道を20分強登ると林道に出合う
右折し、林道を少し行った右側に笹間ケ岳への標識が有る
f0052108_22560151.jpg
林道分岐から5分強で山頂直下の分岐
直進すると、関津町に下るらしい
f0052108_23200605.jpg
◆ 笹間ケ岳 15:36-16:04 ◆
分岐を曲がると、雨乞岩が鎮座する山頂に出る
雨乞岩には梯子が掛けられており、、、
登ると、音羽山山系、比良山系、琵琶湖の展望が開ける
f0052108_23200872.jpg
◆ 石倉峠 16:35 ◆
笹間ケ岳より引き返し、石倉峠を御仏河原に下る
f0052108_23275210.jpg
◆ 御仏河原 16:38 ◆
谷を少し下ると谷幅が広がり、流れが露岩を舐める
f0052108_23275652.jpg
◆ 富川道分岐脇駐車場 16:57 ◆
直ぐに谷幅が狭まり、岩場の細道が続く
谷道を20分程降ると林道に出合う、、、富川道分岐だ
f0052108_23280059.jpg

堂山へのルートミスで予定より大きく遅れ、、、
かなりバテたものの何とか無事帰り着いた
距離が有る事も相まって、想像以上にハードだった
やっぱり 山はなめたらあかん!! ヾ(_ _。)ハンセイ…

[本日の軌跡&経過時間]
f0052108_23301599.jpg

f0052108_23361209.jpgf0052108_23302116.jpg
by loco156-2 | 2018-05-28 14:33 | H30.05 湖南アルプス | Comments(0)
<< 2018/05/25 大阪アル... | Top-page | 2018/04/29 13年ぶ... >>